ユーラスエナジー、福島県に4MWのメガソーラー設置

ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)は、福島県双葉郡川内村でメガソーラー「ユーラス福島川内ソーラーパーク」の開発を進めています。村内の約9haの村有地に19000枚のソーラーパネルを設置し、近傍の変電所や自営送電線を接続して、かつて福島第一原発からの電力を首都圏に送電していた新福島変電所へ送電する計画で、被災地に建設したメガソーラーと東電が連携するのは初めてのことです。

EPC(設計・調達・施工)サービスは関電工が担当し、太陽光パネルは三菱電機製の単結晶シリコン型で1枚あたりの最大出力は265Wで合計出力は約5MW。パワーコンディショナー三菱電機産業システム製の500kW機を8台導入予定で出力は4MWの過積載設置を予定しています。
ユーラスエナジーホールディングスが福島県内で行う発電事業は今回で4件目で、今後も積極的に推進に取り組んでいくとしています。

参考

ユーラスエナジーの国内最大メガソーラー、建設開始

以前お伝えしたユーラスエナジーの六ヶ所村における115MWのメガソーラーの建設が始まったという発表がありました。
使用されるパネルも公開され、三菱サンパワーの単結晶パネルが使用されるということです。
サンパワーというメーカーが聞きなれないという方、日本ではサンパワー製のパネルは実は多くの家庭で設置されています。「東芝」ブランドとして。
日本ではブランド力の強い東芝とのタッグでシェアを伸ばしてきましたが、今回のような大規模なメガソーラ―ではサンパワーから直接パネルが提供されるというのがより一般的になってくるのでしょうか。

そしてユーラスエナジーはもう一つ、建設されていたメガソーラーの稼働開始のニュースです。
大阪府の岬町に建設されていた10MWのメガソーラーが完成されたと発表がありました。
三菱電機と、現代のパネルが使用されたとあります。

ユーラスエナジーが青森県六ケ所村に115 MWのメガソーラー建設

ユーラスエナジーが六ヶ所村に建設を予定しているメガソーラーは、発電能力115MWと、同社が運営中・建設中の太陽光発電事業の中では最大となる規模となります。

ユーラスエナジーは、ヨーロッパをはじめ、アメリカ、アジアなどに、主に風力発電の再生可能エネルギー事業を行う会社。
豊田通商株式会社(60%)と東京電力(40%)が共同株主として出資しています。

今年の7月から建設を開始し、2015年11月に完成する予定。

参考

ユーラスエナジー・北海道のメガソーラー建設のための融資至上最高額

北海道の白糠に30MWのメガソーラーを建設する計画を発表していたユーラスエナジーですが、その建設に三菱東京UFJ銀行から86億円の融資を受けることになりました。

これは日本における太陽光発電プロジェクトへの融資額としてはでは最高額です。

30MWといえば年間約3万MWh(3,000万kWh)の発電量で、年間12.6億円の売り上げです。
20年間発電分の買取が保証されているので、20年後に80%の発電量という計算でも(メーカーの発電量保証の最大値)225億円程度の収入になると考えられます。

参考記事

大阪府岬町に10MW三菱/現代製パネル・ユーラスエナジー

北海道白糠に30MWの太陽光発電施設の建設を行っていることで記憶に新しいユーラスエナジー。今度は大阪府泉南郡岬町に10MW規模の太陽光発電所を建設することを発表しました。

  • 場所:大阪府泉南郡岬町(多奈川地区多目的公園内)
  • 出力:10MW
  • パネルメーカー:三菱電機、韓国現代重工業(単結晶太陽電池)
  • 完工予定:2013年8月

ユーラスエナジーグループは、世界各国に風力発電を主とした再生可能エネルギーの発電施設を建設しており、その総発電量は2GW以上に上ります。(70万世帯の年間消費電力分以上)

ユーラスエナジー:プレスリリース

北海道白糠(しらぬか)に30MWの太陽光発電所・京セラのパネルを採用

ユーラスエナジーグループの株式会社、ユーラスエナジー白糠を事業者に、北海道白糠の約62万㎡の土地に30MWのメガソーラーを建設する計画が開始しました。
パネルは京セラの多結晶太陽光モジュールが採用され、年間で約9,600世帯分をまかなう量が発電される予定です。

10月から建設を開始し、2014年の3月から稼働開始、発電分は北海道電力に売電される予定です。

ユーラスエナジーグループについて

は、世界各国に風力発電を主とした再生可能エネルギーの発電施設を建設しており、その総発電量は2GW以上に上ります。(70万世帯の年間消費電力分以上)

京セラ:プレスリリース
ユーラスエナジー:プレスリリース
京セラの太陽光発電について・価格相場など