蓄電池の総合情報

家庭用蓄電池の機種・メーカー別の価格や性能比較、選び方など

何のために蓄電池を使うのか

蓄電池は二次電池とも呼ばれ、電気をためることで何度も繰り返し使うことができる電池のことを指します。車からパソコン、携帯端末まで、あらゆる電気機器の動力を担うバッテリーもその一部ですし、サンヨーの商品エネループのように、一次電池の代用品としても使えるものもあります。

これらの製品に加え注目されているのが、住宅、オフィス、公共施設などで常時もしくは非常時に利用できる中型から大型の蓄電池です。

2011年の福島原発事故を受けて、電力不足による停電対策として注目を浴び、政府の補助金の設置を決めました。

ピークカットのために有効利用することで停電を防ぐ効果もあるほか、スマートグリッド社会という次世代の電力網の実現には欠かせないアイテムであるとされます。

電力の貯蔵で需給バランスを図る

水や燃料などは、貯蔵して輸送することができますが、電力については効率よく貯蔵することができないのが最大の欠点です。東日本大震災以降、原子力発電に対する安全性が疑問視されるなかで、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーの導入が拡大してきています。しかし、再生可能エネルギーは気象条件に左右される要素が多く安定供給という面について疑問が残ります。そこで蓄電池を活用することにより電力を貯蔵し需給のバランスを平均化し電力の安定化を図ることが必要とされています。

蓄電池を導入するとどうなる(使用例)

蓄電池を生活に役立てようと考える方が増え、販売会社も進化を加えた新製品を発表するなど万一の災害により強く、電気代の削減、電力会社に依存しない生活を期待できるようになってきています。

  • 蓄電池のみを設置した場合
  • ・災害時・停電時に利用することができる。(非常用電源
  • ・日中より電気代の安い夜間電力で蓄電し、日中の電気を賄う。(電気代節約
  • 太陽光と組み合わせて使用する場合
  • ・災害時・停電時に利用することができる。(非常用電源
  • ・夜間電力で蓄電し日中の電気を賄い、太陽光で発電した電力は売電できる。(売電収入+電気代節約
  • ・太陽光で発電した電気を使用し、余った電力は蓄電し日射がない時間帯に利用する。(自給自足

スマートグリッドでエコな社会へ

蓄電池はスマートグリッド社会の実現に貢献する

スマートグリッドを大まかに説明すると、コンピューターなどの機器を利用して電力網を監視し、電力の需要量と供給量の差を少なくすることで、ロスの少ない効率的な発電が行えるようにすることです。一般的には電力供給は一定の量を保ちながらするほうが効率がいいです。これは、急発進急加速を抑え、緩やかな運転の仕方で車の燃費が良くなるのと同じと考えるとわかりやすいです。

電力需要の少ない時間帯に蓄電池に充電し、電力需要のピークにあたる時間帯に積極的に蓄電池から放電することにより、ピークカットすることで、一日の電力量を一定に保つのを助けます。

さらにエコな使用法としては、家庭用の太陽光発電と組み合わせることで、昼間に余剰に発電された電気を蓄電池に充電し夜間に使うことで、電気の自給自足を促すことにつながります。

ドイツやイタリアなどのヨーロッパの国々では、太陽光発電と合わせての設置が進んでいます。エコ意識に加えて、余剰発電の売電価格の低下が進む中で経済的なメリットを求めて設置をする家庭も多いようです。

日本でも停電対策に加え、近年の太陽光発電の普及拡大に伴う蓄電池への関心も高まってきています。

蓄電池・施工業者一括見積もりサイトランキング

蓄電池は、設置する場所や環境によって金額が変わると言われ、販売店によって導入費用が異なります。ご自宅に最適な蓄電池の機種相談、蓄電池を利用した電力のシミュレーションの依頼やご相談、補助金申請の全面的なサポートなども得られる優良販売店を見つけるには、1社だけではなく複数の販売店を比較して慎重に選ぶことが重要となります。失敗しないためにも蓄電池一括見積もりをご利用ください。
ご利用はもちろん無料!価格比較にも便利です。

優良な販売会社のみに特化した紹介サービス
グリーンエネルギーナビ

  • 最短1分で終わる無料簡単見積もり
  • 使用用途(非常用・光熱費削減・補助電源)に合わせた一括見積
  • 一般家庭用だけでなく産業用にも対応

見積申し込み後は専門のカスタマーサポートからの電話によるヒアリングで、あなたの潜在ニーズまでを把握した後にマッチングを行うため、よりあなたに合った施工店を、手軽に見つけることができます。見積もり後はサイトに掲載される各施工業者に対する消費者の生の口コミを閲覧しながら施工店の選定できるのも、メリットの一つと言えます。