北海道白糠(しらぬか)に30MWの太陽光発電所・京セラのパネルを採用

ユーラスエナジーグループの株式会社、ユーラスエナジー白糠を事業者に、北海道白糠の約62万㎡の土地に30MWのメガソーラーを建設する計画が開始しました。
パネルは京セラの多結晶太陽光モジュールが採用され、年間で約9,600世帯分をまかなう量が発電される予定です。

10月から建設を開始し、2014年の3月から稼働開始、発電分は北海道電力に売電される予定です。

ユーラスエナジーグループについて

は、世界各国に風力発電を主とした再生可能エネルギーの発電施設を建設しており、その総発電量は2GW以上に上ります。(70万世帯の年間消費電力分以上)

京セラ:プレスリリース
ユーラスエナジー:プレスリリース
京セラの太陽光発電について・価格相場など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です