サンパワーの太陽光発電・太陽電池

アメリカの大手太陽電池メーカー「サンパワー」の太陽光パネルについて

太陽光発電において、サンパワーの名を聞いたことがないという方でも、東芝の「世界最高効率ソーラーパネル」が実はサンパワー社の製品であることを知れば興味がわくのではないでしょうか?サンパワーは、世界的にはシャープや京セラよりもよく知られたメーカー。日本でのプレゼンスも年々上昇しています。

サンパワーについて

1985年シリコンバレーで設立されたサンパワーは、アメリカに拠点を置く太陽電池モジュールメーカー。パネルの変換効率において常に記録を塗り替え続けている太陽光発電業界のトップランナーです。ここではサンパワーの製品の魅力や日本や世界での実績についてご案内しています。

何よりの魅力はMaxeon™テクノロジーを使用したソーラーパネル

長年「世界最高」を保持し続けるバックコンタクト技術

市販される結晶型のモジュールにおいて、セル効率22.4%、モジュール変換効率20%以上という記録に貢献した技術は実はとてもシンプルで、セルにより多くの光が当たるから、より多く発電できる、というもの。これがサンパワー社の製品開発を支える特許技術Maxeon™テクノロジー(バックコンタクト方式)です。本来表面のシリコンの上部に電極は配置されますが、これを裏面持ってくることで受光面積が増えるという単純なアイデアをいち早く製品化したのがサンパワーでした。

耐久性にも貢献

バックコンタクトのメリットは効率だけではなく、製品の耐久性向上にも貢献しているのだとか。熱膨張率が異なるシリコンに接触しない裏面配置は電極の腐食や切断も防ぐことができ、さらに受光面積を気にしなくていい裏面なら電極の金属面積を増やして抵抗を少なくできます。これが耐久性ひいては製品の信頼性の向上につながっています。

現在バックコンタクト技術自体の特許は切れており、有名なところではシャープのブラックソーラーなどにもこの技術が使われています。ただ製品化に関する周辺技術の特許により、まだしばらくはサンパワーの製品の独自性は守られることになりそうです。

コスト競争力の高いパネル

サンパワーでは調達したシリコンからセルを作り、モジュールを組み立てて販売するまで垂直統合型のパネル製造・販売を行っています。フィリピン(マニラ)とマレーシアにセル工場、モジュールは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカの4拠点持ち、地産地消を促すために販売地に近い生産拠点から供給されます。日本ではフィリピン(マニラ)からパネルが送られてきます。

海外製造によるコストカットはもちろん、その構造面も効率に対するコストの低さに貢献していると考えられます。特に日本の住宅用太陽光発電市場においては、太陽電池の効率を上げるためにしばしば正方形に切り取ったフルスクエアセルを用いますが、モジュールの出力が上がる反面コストが高くなります。サンパワーがよりコスト競争力の高い通常切り出しのセルで実現するこの高効率は他メーカーがなかなか真似できるものではないと言えます。

世界的実績の高いサンパワー、今後日本では産業用に期待

日本では東芝のブランドネームを利用したパネル供給を行っているため知名度は低めなサンパワー社ですが、太陽電池メーカーとしては世界的にはシャープよりも注目度が高いメーカーです。GTMリサーチによる「2015年上位を占める9つのメーカー」にも入っています。本国アメリカではかのグーグル社と組んで、パネルリース事業も行っています。

日本ではユーラスエナジーによる115MWの日本最大級メガソーラーを皮切りに徐々にメガ級の大規模太陽光発電事業での採用例が増えています。さらにサンパワーは2014年3月に日本においての売電事業計画も発表しており、その規模なんと合計1GW(1,000MW)。これは東芝との提携による年間100MWという目標供給容量をはるかに超えています。産業用を中心にサンパワーの名前を聞く機会がさらに増えてくることが容易に予想できます。

CSR事業としては、「One Million Lights」という無電化地域に100万個のソーラーライトを贈るプロジェクトにも参加しています。

サンパワーのソーラーパネルについて

ここではサンパワー社の製品、世界最高効率の太陽光パネルについてより詳しく見ていきます。

サンパワーのパネル一覧・パネルの型番でも効率の高さをアピール

型番 出力 効率 サイズ
(重量)
E20/250
(東芝/SPR-250NE-WHT-J)
250W 20.1% 住宅用 72枚セル
1559×798×46mm
(15.0kg)
E19/245
(シャープ/NB-245AB)
245W 19.7%
E19/240
(東芝/SPR-240NE-WHT-J)
240W 19.3%
E19/125
(東芝/SPR-125NE-WHT-J)
125W 19.6% ハーフモジュール
799×798×46mm
(7.7kg)
E20/327
(SPR-E20-327-COM)
328W 20.1% 産業用 96枚セル
1559×1046×46mm
(18.6kg)
E19/320
(SPR-E19-320-COM)
320W 19.0%

通常、メーカーのパネル型番には出力が使われることが多いのですが、サンパワーは型番にまで効率を入れることによって、パネルの性能の高さをアピールしています。効率が20%台のものを「E20」、19%台のものを「E19」としてシリーズ展開しています。住宅用については、日本国内ではOEM販売する東芝とシャープの型番が使用されます。

アメリカ本国ではこのEシリーズよりもさらに効率が高い「X21シリーズ」という製品が販売されているようです。こちらはなんと最大21.5%の効率のものもあります。日本で販売することはあるのでしょうか。情報が入り次第ご案内しようと思います。

サンパワー社のソーラーパネルの価格は?(2017年10月2日更新)

ソーラーパネル 出力 変換効率 価格・相場 最終価格更新月
SPR-253NX-WHT-J
(E20・東芝販売)
253W 20.3% 32.3万円/kW 2017年9月
SPR-240NE-WHT-J
(E19・東芝販売)
240W 19.3% 36.0万円/kW モデルチェンジ済
NB-245AB
(E19・シャープ販売)
245W 19.7% 35.6万円/kW 2015年11月

東芝およびシャープでOEM販売される、住宅用のサンパワー社製パネルの価格相場です。特に東芝から販売される「E20」シリーズのパネルは人気が高く、価格競争も激しいので比較的安く手に入ります。

住宅用と産業用で買える窓口が異なる

日本においてはサンパワーは東芝と2010年からパートナーシップを結び、「世界最高効率パネル」の提供を行っています。2012年までに累計150MWのサンパワー製パネルを日本の住宅用市場に販売してきた東芝は、2018年までOEM提携の独占販売契約を延長、年間100MW(約25,000戸分)のペースでのパネル供給を目指しています。この契約が切れるまで日本の10kW未満の住宅では、サンパワー社製「E20」の250Wモデルは東芝を通してしか買えません。東芝のほかにシャープでも2012年からOEM提携が始まっていますが、取り扱うのはサンパワーの「E19」シリーズのものです。

一方で産業用では、サンパワーの「E20」シリーズの大型パネルを施工販売店は徐々に増えてきています。住宅メーカーであるイシンホームによるSIソーラーなどでも、サンパワー社のパネルが採用されています。

サンパワー取り扱いの施工店を探すなら

産業用と住宅用でサンパワーブランドになるか、東芝/シャープブランドになるかが異なるサンパワー。どちらのルートで購入するのがいいかは施工店次第とも言えます。

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。また太陽光発電は安い買い物ではありません。お時間が許す場合は一つならずとも複数のサービスで見積もりを取り選択肢を増やせばさらに安心につながります。いずれのサービスも無料なので、納得がいくまで相見積もりをする方も非常に多くいらっしゃいます。以下の2社以外は太陽光発電の業者・一括見積サービスランキングでご確認ください。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。