屋根上のメガソーラーにパナソニックのHITパネル

メガソーラーにはパネル価格の低いソーラーフロンティアシャープ京セラなどが使われるイメージが強いですが、群馬県太田市は、「太陽光のまち」の推進事業の一環として物流倉庫の屋根上を利用したメガソーラーを設置する際、パナソニックHITモジュールを採用しました。

効率が高くて価格も高い」といいうイメージの強いパナソニックのHITパネル。
同じく「高性能高価格」の東芝の単結晶パネル(サンパワー製「世界最高効率パネル」のOEM販売製品)と比べて、長らく価格の面で優位性を発揮できずにいましたが、今月に入って初めてパナソニックの販売価格は東芝よりも安くなるという事がありました。(7月のメーカー相場速報

このことから、面積の限られた場所による発電事業でも、パナソニックのパネルを選ぶメリットがさらに大きくなってきています。
今後産業用発電事業の場でも、パナソニックの製品を見る事が多くなるのでしょうか?

そうすれば住宅用のパネル価格の低下も期待できるので、注目したいですね。

プレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です