【7月1日更新・価格比較!】パナソニックがやりました/ネット系販売店には敵わない??

世界最高効率20.1%の単結晶ソーラーパネルの「東芝」と、
効率は18.2%と少々劣るものの(他のメーカーに比べれば依然高い)HITという独自のハイブリットパネルを生産する「パナソニック」。

この「高性能パネルの2大メーカー」は同時に、「高級パネルの2大メーカー」でもあります。

勝負の決め手となってきたのが”価格”。
東芝は世界最高効率パネルをアメリカのサンパワー社とのOEM契約により安価に販売することに成功しており、長らくこの2メーカーの価格競争は東芝に軍配が上がっていました。

しかし今月は過去1年で初めて、パナソニックが東芝を価格で抜きました!
昨年度まではキロワット単価にして10,000円程度上回っていたパナソニックですが、今年度からどんどんその差を縮めていき、今月は4,000円程度東芝の単価を下回る快挙!
生産拠点の海外移転が効いているようですね~!

熱に強いという特性が強みのHITパネルが生かせる地域なら、「東芝よりもパナソニック」を選ぶメリットがさらに大きくなりそうです。
(ただ、北海道のように夏でも気温があまり上がらない地域では、その効果は目に見えるほど発揮されないようです。)

相場価格の下げ幅が大きかったパナソニックと比べ、他のメーカーはキロワットあたり千円程度と、微妙に相場は更新されましたが、「費用対効果」の順位を大きく変えたのはパナソニックのみです。
ソーラーフロンティアは、公式サイト内で”今夏販売開始予定”となっている最新モデル「SF170-S」の取扱いを既に始めている販売店もあり、さらなる費用対効果に期待できそうです。

メーカー別・ソーラーパネル最安値相場価格表
あなたのお家での太陽光発電費用対効果が分かるシミュレーション

「買い時を見逃さないで!」
太陽光発電総合情報のフェイスブックページでは、ソーラーパネルの買い時に関する情報に絞って随時お届けしていきます。
施工販売店のキャンペーン情報など、「お得な時期を狙って太陽光発電を始めたい!」と言う方は是非ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です