東京メトロ「南千住」駅に9か所目の太陽光発電システム設置

東京メトロでは2月17日(火)より、日比谷線「南千住」で太陽光発電システムの稼働を開始しました。
同社は2020年度に向けた長期環境戦略として「みんなでECO.」を掲げ、地上駅の屋根上への太陽光発電システムの導入を進めてきました。今回の南千住駅での稼働により、これまで設置してきた東西線「西葛西」駅から「原木中山」駅までの7駅、千代田線「北綾瀬」駅の、合計9駅での太陽光発電システムの設置を完了したことになります。

今回稼働した太陽光パネルの出力は最大80kWであり、発電開始後の年間発電電力量は約80,000kWhと、一般家庭23世帯分を見込んでいます。これにより、年間約42.4tのCO2排出削減につながります。

発電した電力は、主に駅のエスカレーターやエレベーター、照明等の付帯電力に使用し、発電量が多い場合は「三ノ輪」駅等の隣接駅にも供給される予定です。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です