中国青海省に100万kW(=1,000MW=1GW)級の太陽光発電!!

日本ではメガソーラーの土地が取り合い状態で、太陽光発電事業をするのに、水上や廃棄物処理場など使える土地をできるだけ有効活用しようという状態なのに、中国は土地に加え豊富な日照量、交通網、電力網と、太陽光発電にもってこいの土地がまだまだ残っているようです。

青海省ゴルムド市太陽光発電産業園には2009年から多くの発電企業を誘致されており、現在では100㎢以上の土地に合計1,083MW(約1ギガワット)、発電量にして14億8,000万kWhがその一帯のソーラーパワーによって作られるのだそう。
ちなみにこれを1kWあたりの発電量に換算すると、年間約1,370kWh/kW。
日本の平均が1kW当たり年間1,050kWhなので、この一帯では日本の平均の1.3倍もの発電量が得られるということになります。
羨ましい限りですね。

同市はさらにこれを周辺地域に広げていき、475㎢の土地に7,000MW(=7GW)超の設備をさらに建設する予定。ちなみに日本は2012年10月時点で累積5,926 MW(=約6GW)

同市にはこれらの土地と同様に日照時間が長く広大な砂漠地が6万㎢もあるということで、「2015年までに35GW」の目標を達成できる余裕は大いにありそうです。

アンチダンピングで欧州から追い出しを食らっている中国メーカーですが、国内需要に応えるだけでも十分な気もしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です