ソーラーフロンティア三重県伊勢市の5.2MWの施設にパネル供給


「伊勢二見メガソーラー光の街」
事業主:三交不動産株式会社
パネル供給:ソーラーフロンティア
施行:千代田化工建設

3社が協力して行われるこの施設は蓄電池の設置も行われ、災害時の電力供給が可能ということ。
さらに地域の小中学生を対象にした環境教育活動施設も併設することになるようです。

完成予想図がかなりかっこいい!

売電について触れられていないですが、蓄電池を併設するという事は、一部を自家消費用にするということでしょうか。

実発電量の多さが特徴のソーラーフロンティアのパネル詳細、価格動向などはこちらから

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です