スマートハウスとは

スマートハウスとは、次世代型の家電や設備を導入することで家庭内のスマートなエネルギーマネージメント(電力需給バランスの家庭内での高度な管理・最適化)を可能にした家の総称です。次世代省エネ住宅などとも呼ばれます。

スマートハウスの定義は?

家庭内でのエネルギーをより"スマート"に利用する生活を支える住宅、具体的には「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」の3つの「エネ」設備を備え、それらをHEMS(4つ目の「エネ」で調エネなどと呼ばれる場合もある)によってコントロールしながら、よりエコな(≒低炭素な)生活を可能とする住宅を、一般的にはスマートハウスと呼ぶ場合が多いようです。

特にどういう設備をそなえた家をスマートハウスと呼ぶのか、といった明確な定義があるわけではなく、車メーカーであればEV、家電メーカーであればスマート家電、パネルメーカーであれば太陽光発電システムを中心に据え、それら全体のエネルギー利用を見える化するためにHEMSを使うというのが基本的なアイデアで共通しています。そういった意味でHEMSがスマートハウスの基本で最低限の定義と言えます。

スマートハウスの「創エネ」

スマートハウスの主役とも言える設備が、固定価格買取制度(FIT)の導入で普及が進んだ太陽光発電です。家庭内で電力を作る設備であることから、「創エネ」設備といわれます。

他にもガスや灯油から水素を取り出して空気中の酸素と反応させ、電力やお湯を作るエネファーム(家庭用燃料電池)や、太陽熱をそのまま利用してお湯を作る温水器が創エネ機器に含まれ、スマートハウスには複数が採用されることも多くあります。

創エネがスマートな理由は、家庭の電力源を現在主流の火力発電から、エコで安全なエネルギーにシフトできる点、エネルギーをその場で作ってその場で消費する(地産池消)ことでより効率の良いエネルギー利用が可能な点、さらには災害時にも電力源を確保できる点などが挙げられます。

スマートハウスの「蓄エネ」

出力が安定しない太陽光発電は、蓄電池上手に併用して出力をコントロールすることが望ましいと考えられます。太陽光発電のバックアップとしての役割に加えて蓄電池を使った蓄エネがスマートな理由は、ピークシフトを促して社会全体の電力供給量を一定に保つことで得られるエコ効果や、創エネ設備と同じく非常時の利用が挙げられます。

EV(電気自動車)を蓄電池代わりに利用するシステム(V2H/H2V)も同様の設備として考えられます。

スマートハウスの「省エネ」

省エネは単に家電や照明器具の消費電力を小さくするだけではありません。省エネを実現するポイントは住宅の至る所で見つけることができ、いわば住宅メーカーの独自性の見せ所とも言えます。

考え方としてはエネルギーを使わなくても快適に過ごせる空間づくりを基本とし、断熱性・気密性の追求や、「パッシブデザイン」といわれる自然の風・光・熱を生かす設計といった方法で問題解決を目指すのが主流です。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。