TOTOとINAXに新参Panasonicも含めて
トイレメーカーランキング・価格性能比較

人気はやはりTOTO!ダントツでシェア一位

口コミサイトなどを覗いてみると「来客時にトイレのメーカーがTOTOじゃないのは少し気が引ける」という意見もあるくらい、日本の消費者からTOTOのトイレは厚い信頼を得ているようです。以下ではトイレの市場シェアを表にしてご案内していますが、便器(衛生陶器)においても温水便座においても、TOTOは2位を大きく引き離してシェア1位を獲得しています。

衛生陶器 温水便座 リフォーム採用数
1位 TOTO(60.7%) TOTO(54%) TOTO(58%)
2位 INAX(30.4%) INAX(24%) INAX(34%)
3位 ジャニス(4.9%) Panasonic(10%) Panasonic(9%)
  • 衛生陶器のシェアは日本経済新聞出版社調べ(2009年)
  • 温水洗浄便座のシェアはリフォーム産業新聞調べ(2013年)
  • リフォーム採用数は自社調べ(2016年4月)

価格比較

トイレのメーカー別価格相場一覧(TOTOタンクレス25~30万円/Panasonicタンクレス17~25万円/INAX,LIXILタンクレス24万円/TOTOタンク付き20万円/INAXタンク付き17~20万円)

図ではTOTO、INAX(LIXIL)、Panasonicの3社のタンクなし/ありのトイレを新調する際の相場をご案内しています。

トイレリフォームで実際に用意すべき予算は?

実際は便器の新調以外に10~20万円程度、トイレリフォームの総額では30~45万円程度になることが多いようです。以下ではトイレリフォームとしてオプションでかかってくる金額をまとめています。

見ておきたい予算
トイレのみの新調 20万円(タンクあり)
30万円(タンクレス)
手洗いも新調 5万円
壁紙・床クロスの新調 5~10万円
タイルや塗り壁などでこだわり空間 15~20万円

当たり前と言えばそうですが、傾向としてはより価格が高いメーカー(TOTOなど)の、より価格が高いモデル(タンクレスタイプなど)を選ぶ方ほど、その他の部分にもよりお金をかけてリフォームすることが多いようです。例えばTOTOのタンクレスタイプで便器を新調し、タイルと塗り壁でこだわりの空間づくりを、などとお考えの場合は予算として50万円程度は見ておきたいところです。

価格が高いのに人気も高いTOTO

市場によっては価格が安い製品ほど高いシェアを取りやすいということも多いでしょうが、トイレ市場においてはより高額なメーカーであるTOTOが圧倒的なシェアを誇っているのは、はじめにご案内した通りです。高くても選びたいTOTOの魅力とは果たして何なのでしょうか。やはり製品が良いのか、はたまた名前の有名さで選ばれることが多いのか、以下では製品の仕様・スペックごとにTOTOとINAX、そしてPanasonicを比較しながら実情を探っていきます。

機能比較・口コミ評価

以下ではそれぞれのメーカーの最上級機種における機能比較をご案内しています。機能説明とともにそれぞれの口コミ評価もご案内していますので(「コメント(評価している人)」)合わせてご確認ください。

TOTO
ネオレスト
INAX/LIXIL
サティス
Panasonic
新型アラウーノ
表面の加工 セフィオンテクト
「ナノレベルで徹底的に凹凸を無くす(メーカー)」
「耐久性が高い(利用者)」
アクアセラミック
「ツルツルが100年続く(メーカー)」
有機ガラス系新素材使用
「陶器よりも凹凸が少なく、はっ水性に優れる(メーカー)」
菌・汚れ防止除去機能 使用前に自動で便器内に水を吹きかけ汚れを防止、使用後は除菌成分を含んだ電解水を吹きかけて菌の繁殖を予防 ボタン操作でプラズマクラスターイオン便器の細部まで行きわたらせ、カビ菌を除去 便器に貯める水に泡が浮いており、立って小便をしても飛び跳ねない(ハネガード)
洗浄方法 トルネード洗浄でしっかり流せて、節水性一番 勢いのある水流でしっかり洗浄。 洗浄音が静か、水+泡で洗浄(3カ月に一回程度洗剤補充が必要)
節水性 大3.8ℓ
(マンションに多い壁排水は4.8ℓ)
小3.3ℓ(同3.6ℓ)
eco小3.1ℓ
(ペーパーを使わない時など)
大5ℓ
小3.8ℓ
大4.8ℓ
小3.6ℓ
(「ハネガード」を使用する際は小4.5ℓ)
おしり洗浄 「ウェーブに出てくる洗浄水はより繊細で使い心地がよい(ユーザー)」 「水圧が強くマニア向きの洗い心地(ユーザー)」 「水圧が弱く感じる方もいるかも(ユーザー)」

各社しのぎを削る「汚れにくさ」はTOTOがリード?

便器の汚れにくさについてはいずれの企業も競って開発しているため、10~20年前の便器をこれまで使っていた方にとってはどのメーカーの便器もかなり洗浄力・汚れの付きにくさが向上しているという印象を受けるはずです。実際洗浄力や汚れの付きにくさについてはほぼ互角になってきているようです。

しかし汚れを予防するという事に関しては、TOTOの徹底ぶりが目立ちます。TOTOのネオレストでは、使用前は便器内に水を吹きかけて汚物を流れやすくし、使用後は「きれい除菌水」を吹きかけて除菌、さらにトイレを連続して8時間以上使用しない時には自動でこの除菌水で見えない汚れや菌を分解・除菌してくれます。数日~数週間家を空けて戻った時などにトイレの黄ばみなどが気になった経験がありますでしょうか。毎日使用して、掃除もこまめにされるという方なら大きな違いを感じることはないでしょうが、掃除が苦手という方や長期の出張が多い方などには、自動洗浄はありがたい機能かもしれません。ちなみにこの「きれい除菌水」ですが、水道水を電気分解してできる洗浄液のため、薬品・洗剤の補充も不要です。

TOTO以外を見てみると、泡で洗ってくれるPanasonicのアラウーノも、洗浄・殺菌は優れているかもしれませんが、洗剤の交換を3カ月ごとにしなくてはいけないのは少し手間を感じます。またINAX(LIXIL)のサティスは洗剤を使わないプラズマクラスターイオンによる殺菌ですが、ボタン操作の手動となっています。

おしり洗浄機能比較はTOTOのウォシュレットが人気だけど

温水洗浄機能をTOTOの商標である「ウォシュレット」の名で呼ぶ人が多いことは先にもご案内しましたが、おしり洗浄機能に関してはTOTOに票が集まっているようです。違いとしては上述の表でもご案内していますが、繊細かつしっかり洗ってくれるTOTOのウォシュレットの性能の高さは口コミサイトなどでも評価が高いです。おしり洗浄を使うとき「来るぞ、来るぞ」と万全の姿勢で構えているにも関わらず水が出たとき「うわっ、来たー」とおしりを浮かしてしまった経験はあるでしょうか。TOTOならたとえ洗浄力を「強」にしていても、出てきた水にびっくりすることはほとんどありません。毎回の洗浄前に一度管内に水を通してノズルを洗ってくれる機能も嬉しいです。

一方で温水洗浄便座を国内で初めて開発したのは実はINAX(当時は伊奈製陶)です。スイス製の輸入品をもとに、TOTOに10年以上も先駆けて日本人仕様の温水洗浄便座の開発を行っていたということです。真下から強力に洗い上げるINAXのシャワートイレも「マニア向き」とされながらもファンは少なくありません。

INAX(LIXIL)とPanasonicはどんな人に人気?

これまでの比較項目を読むとやはりTOTOがいいのかな、と思われる方も多いかもしれませんが、節水性はほぼ同等で、デザイン面でもどのメーカーも同等にファンを持っていると言えます。またINAXやPanasonicにしかない独自の強みや選ぶべきポイントもありますので、それぞれご案内していきます。

まずLIXIL(INAX)やPanasonicはTOTOよりも少し安価であることが多いため、コストパフォーマンスという面で評価されることも多いです。

LIXILはTOTOと比べて便座が高く持ち上がるため掃除がしやすいようです。また他と比べて小ぶりなためスペース面で評価されることもあります。ただ身体の大きめな方はちょっと小さいと感じることもあるのでショールームで確認する必要はありそうです。

泡で洗浄してくれる「おそうじトイレ」のPanasonicは、洗剤補充の手間があるものの泡洗浄で清潔に保てることを評価する声もあります。

ショールームでの比較はやはり大切、
購入は値引き率の良い業者を探して!

口コミ評価を中心にメーカー比較をご案内してきましたが、人それぞれにトイレ選択で優先したいポイントが違うだけでなく、好き嫌いの個人差もありますので、自分で使って確かめてみるのが一番確かです。ショールームに行く他に、外出時に色んな場所でトイレを使ってみるというのも一つの手です。

目当てのメーカーやモデルが決まったら施工販売店探しです。施工店によってTOTOの値引き率がより高い業者があったりINAXの値引き率がより高い業者があったりとまちまちです。目当てのモデルをより安く提供できる業者を探すには、一括見積が便利です。

またトイレ新調だけでなく壁紙や床などトイレ空間全体のリフォームをお考えの時は水回り専門の業者だと対応できないこともあるので、こうした際も対応の不可の含めて、一括見積で比較検討するのが楽です。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

リショップナビ

妥協したくない方のための一括見積サイト
登録施工店が多く自由度の高い提案も期待できます。強いこだわりを適正価格で実現したい方、できるだけ多くの選択肢から最適な業者を見つけたい方に最適です。対応地域:全国

リショップナビ

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。