家庭用燃料電池(エネファーム)

エネファームってなに?

エネファームとは、家庭用燃料電池を用いた発電システムのことです。 燃料電池というのは、水の電気分解の逆反応を利用したもので、水素を燃料として電気をつくり出すというものです。燃焼が行われないため、窒素酸化物や硫黄酸化物、CO2なども、ほとんど発生させることがありません。発電の際に発生するのは、ほとんどが水だけであり、その水も、燃料改質時の水蒸気として再利用されます。 そのような燃料電池を家庭用に応用したのが、家庭用燃料電池で、都市ガスやLPガスなどのほか、灯油から水素を取り出して、空気中にある酸素と化学反応させて電気をつくります。 燃料である水素自体が持っているエネルギーを、直接電気エネルギーに変換するため、ロスが少なく、発電効率が高いことが、大きな特徴となっています。 家庭に導入出来る発電システムとして、大変期待されている技術であるといえます。

エネファームに出る補助金

エネファームを過程に導入しようとする方も多いかもしれませんが、エネファーム 補助金が国や地方自治体で用意されていますので有効活用して上手に取り入れることが大切です。 エネファーム補助金 国では各家庭が省エネに向けた取り組みを円滑に行えるように導入費用の一部を補助してくれます。管轄省庁は資源エネルギー庁であり、エネファーム 補助金 26年度は222億円となっています。 一方、エネファーム 補助金 東京都では区によって違いが見られ、数万円から数十万円と開きがあるようです。国と地方自治体、いずれの場合も申請する必要がありますが、一定の要件を満たさなければ補助金が下りないことは注意しなければなりません。 家庭用燃料電池 補助金については、世界的に問題になっているエネルギー資源の有効活用を改善できる一つの案と言えるものであり、積極的に活用したいものですが、根本にあるのは一人ひとりの資源への意識の向上だといえるでしょう。

パナソニックのエネファーム

今や家庭内の支出で大きな金額を占めるようになって来た電気代ですが、日本の今の現状や将来を考えると、まだまだ金額が上がって来てもおかしくないと言われています。特に円相場や原油価格、天然ガスの価格が上がってくることになれば更なる値上げは避けられません。 そのような中で自分たちで出来る方法としては節電と言う事だけでなく、実際に電気を作る事や無駄なくエネルギーを利用するという事を考える必要が出てきます。 それを実現しているのがエネファーム パナソニック製品で、今では多くの家庭に取り入れられるようになって来ました。このシステムは、今あるガスの中から電気とお湯、熱を生み出すような機構になっていますから非常に効率よくエネルギーを利用するようになっています。 エネファームと言うパナソニック 家庭用燃料電池は、これからのエネルギーを考えた時に重要な選択肢となり始めています。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

リショップナビ

妥協したくない方のための一括見積サイト
登録施工店が多く自由度の高い提案も期待できます。強いこだわりを適正価格で実現したい方、できるだけ多くの選択肢から最適な業者を見つけたい方に最適です。対応地域:全国

リショップナビ

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。