和式から洋式にトイレリフォーム

和式→洋式リフォームは15万円から
解体後の床・壁処理方法とトイレのグレードで価格は変動

洋式から洋式の場合であれば、既存のトイレの撤去と新しいものの設置というシンプルな工程で済むトイレリフォームですが、和式便器を洋式便器に変える際は床・壁を一部解体する必要があります。この解体した床および壁をどのように処理するかによって価格帯が変わります

トイレの和洋改修リフォームプラン例
低予算リフォーム
壁はパネル仕上げ+低価格便器
15万円~
トイレ本体5万円
施工費その他10万円
リーズナブルリフォーム
壁はパネル仕上げで洗浄機能付き便座
20万円~
トイレ本体10万円
施工費その他10万円
さらに快適リフォーム
クロスの壁床と洗浄機能付き便座の
25万円~
トイレ本体10万円
施工費その他15万円
アップグレードリフォーム
クロスの壁床とタンクレス最新トイレ
35万円~
トイレ本体10万円
施工費その他25万円

表では、トイレの和洋改修リフォームの相場を4段階でご案内しています。リフォーム金額は壁床の建材の質とそれに伴う工事の内容(表中では施工費その他)、とトイレ本体それぞれのグレードによって変わってきます。

施工費の目安

一番安く収まるのが、解体された床壁を覆い隠すようにパネルボードを施工するパネル仕上げで、施工工事費は10~15万円程度でおさまることが多くなります。

解体後、表面にコンクリートを流し込むなどの下地処理を施した後クロスを張り替える施工は工事費だけで15~25万円程度かかってきます。またタイルの解体を最小限に抑えながら、解体部分のタイルを張りなおすといった工事内容も同程度の価格帯であることが多いです。さらには壁を塗り壁にしたり、床はフローリング張りにしたりと建材にこだわることでさらに価格は増えてきます。

トイレ本体の目安

洋式トイレ自体は安価なタンク式で5万円程度からグレードによって選べます。ウォシュレット付きでタンクレスなど、いいものを選べば選ぶほど高くなり、最高で30万円程度にもなる高級品もありますが、実際は10~15万円程度の中グレードの商品を選ぶ方が多いようです。

和式トイレを洋式にリフォームできる業者を探す

業者の選び方でもご案内していますが、パック料金などの安さに惑わされず、業者選びは慎重に、信頼性の高い施工をしてくれるところを中心に価格比較をしてほしいところです。

業者によっては施工の質を保つため必要以上に工期を縮めない、などそれぞれのポリシーを持っているところもあるため、ご案内した金額と差があっても一概に「高い」と決めつけずにまず十分話し合ってみることをお勧めします。先にご案内した価格目安は各施工内容においての最安値相当ですが、実際に和式トイレから洋式トイレへのリフォームをした方が支払った金額を見てみるとこの目安よりも5~6割程度は高い価格で依頼することが多いようです。施工金額が上がる理由としては、単なるトイレ交換だけでなく、せっかくリフォームするなら「パウダールーム」として快適性の高い空間に仕上げたい、とオプション工事の追加費用であったり、構造上工事内容が複雑化した場合などが挙げられます。オプション工事については以下も項もご参考いただければ幸いです。

リフォームを依頼する際は、ご自身がどの程度までのアップグレードを望まれているのかをはっきりさせた上で、一括見積などを利用し、要望に一番沿った業者を選択していくのが良さそうです。

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

オプション工事と費用

上述の基本的なトイレの和洋改修工事に加えて、以下のようなオプション工事をお考えの方は必要に応じて相当金額を予算に加える必要があります。

入口の段差を無くしバリアフリーに
+3万円~

タイル式のトイレで水を撒いて掃除するような場合、トイレの室内が室外と比べて一段下がっていることも少なくありません。足腰が弱くなるとちょっとした段差に躓くことも多くなり、バリアフリーリフォームではおうちの段差をできるだけなくすことが一つの目標になります。和式便所リフォームにおいては先ほどもご案内した通り、多くの場合で床全体の解体を伴うためこうした段差解消のリフォームを行うには適時ということができます。

トイレ断熱リフォーム

段差解消と同様、断熱工事も床や壁の解体が必要となるので、将来必要になりそうだと思ったらトイレ改装時にまとめて行っておくとお得と言えます。

断熱リフォームは、ヒートショック防止といった意味ではバリアフリーの一環としても捉えられます。十分な換気が確保できるよう大きな窓などが設けらることも多いトイレは他の部屋に比べて寒くなりがちですが、壁や床への断熱材充填や断熱内窓を設けることでこれを和らげ、部屋ごとの気温差が主な原因であるヒートショック発生の可能性を減らすことができます。できればリビングなどの温度差を3℃未満に抑えたいところです。

断熱とは関係ありませんが、便座が暖かくなるタイプの製品を選ぶこともヒートショック予防に多少効果が期待できます。寒い冬に暖房なしの便座に座ると誰でもドキッとするかと思いますが、この時にかかる身体への負担はちょっとした危険である以前に不快なものです。

ドアの交換
+8万円~

開口幅が65cm程度と狭いトイレは、スライドオープン式で広く開くドアに交換もできます。入口に段差がある場合はドア新調と段差解消で+約10万円で、トイレをバリアフリー仕様にリフォームできます。

トイレ拡張工事

和式トイレと洋式トイレの最小寸法は、横幅がいずれも80cm以上となっている一方で奥行きは和式100cm程度となっているところ洋式は105cm以上あるのが望ましいとされています。製品によっては115cm以上の奥行きが必要なものもあります。このように必要寸法にちょっとした違いがあることに加えて、洋式便器を置くと横や後ろのスペースに手が届きにくくなること、また和式を洋式にリフォームする方の多くはバリアフリーの目的もあるということから、介助者が一緒に入りやすく、手すりなどの出っ張りがあってもゆとりがもてるサイズとして横幅100cmあると快適性が高まります。

和式トイレリフォームの工期

パネル仕立てのような簡易工事であれば朝から夕方の1日で終わらせることも可能です。一方コンクリート基礎処理やタイル貼りといった湿式工法を伴う場合、コンクリートなどが乾くまでの養生期間を少なくとも1日置かなくてはいけないため、2~4日トイレが使えなると考えておきます。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。