エコリフォーム・省エネ改修
事例とポイント 費用相場など

このページを30秒で要点説明

既存の住宅をより「エコに」するためのリフォームの大きな柱として、主にエネルギー消費の削減を通じてより環境負担の少ない住宅にすることが挙げられますが、さらに先にある目標としては住宅の快適性と住民の健康・幸福度を向上させることがあると言えます。エコリフォームには幅広い内容が含まれますが、大まかに3つのアプローチに分けられると言えます。エネルギー消費をより少なく、エコにする「省エネ改修・ゼロエネリフォーム」、家を長く大切に使い継ぐことで廃棄などに関わるエネルギーの無駄を減らす「長寿化リフォーム」、そしてできるだけ地元原産の、間伐材など環境に配慮した素材を使う「自然素材リフォーム」です。

省エネ・ゼロエネを目指すエコリフォーム

エコリフォームというと、一番連想されやすいのが省エネ・ゼロエネを達成させる住宅仕様への改修です。高性能機器導入が基本となり経済の活性化にも繋がるため、政府の補助金や税制優遇などの制度が整っているのもこのカテゴリーの特長です。省エネ・ゼロエネを達成するためにはまず、省エネ家電や高効率給湯器などの導入、冷暖房効率を上げるための断熱リフォームで住宅の消費エネルギーを減らし、さらに太陽光発電やエネファームなどの創エネリフォームでよりエコなエネルギーをつくりながら、HEMS、蓄電池などの機器を駆使してより賢く、エコなエネルギー利用を促します。

特に太陽光発電は価格がかなり下がってきているので、補助金などを利用しなくても採算の合うことが少なくありません。省エネ機器や高効率給湯器などは光熱費の削減につながるので、買い替え時期には省エネ仕様のものを採用したいところです。断熱リフォームは内窓を追加するだけの数万円でできるものから、断熱材の全面充填などで数百万円かかるものもありますが、家族が集まるリビングなどを中心にしっかり予算を取ったリフォームをすることでお部屋の快適性はかなり向上します。

省エネ・ゼロエネリフォームの事例と費用

内容 エコな理由
太陽光発電設置
28万円/kW~
例えば4kW(120万円程度)設置でおうちの電気代を約7割削減、さらに売電収入で10年以内に初期費用回収できる計算です。
内窓設置
3万円~
壁以上に外気温の影響を室内に持ち込みやすい窓は、断熱仕様のものに交換するという方法以外に内窓をもう一枚付けるという方法があります。枚数や窓の大きさにもよりますが、低予算でのリフォームが可能な点が魅力、一番手軽な断熱リフォームと言えます。断熱以外にも、公道が近くに通っている場合などは防音にもつながります。
節水トイレに買い替え
16万円~
30年前のトイレと比べて、水道代が約60%(3人家族の場合年間水道代11,000円から4,200円に削減)節約できる節水トイレは、旧型のトイレを使い続けている場合で、且つトイレの使用回数が多いご家庭などにとってメリットの大きいリフォームといえます。
高効率給湯器に交換
25万円~
給湯器の交換の際、高効率のエコキュートなどに買い替えで給湯費は大幅に下がります。
太陽熱温水器導入
15万円~
給湯のためにガスも電気も使わない太陽熱温水器はエコであると同時に経済的です。
省エネ塗料・断熱塗料などで外装
50万円~
おうちの耐久性を上げ、長く大切に使い続けるためには、定期的な壁や屋根の塗装が必要になってきますが、その際省エネ仕様であったり断熱効果のある塗料を選ぶこともできます。
断熱・気密リフォーム
90万円~
古い住宅などでは断熱材が入っていないような場合もあります。おうち全体をしっかり断熱しようとなると数十万円~数百万円と結構な予算が必要となるものの、しっかり対策することで室内の空気環境はかなり改善されますので余裕があればぜひ行いたいリフォームです。断熱にはいくつか工法がありますが、参考は吹付ウレタン断熱の価格です。
ユニットバスに交換
40万円~
ユニットバスを交換して必ずしも省エネにつながるとは言えませんが、在来工法(タイル張りの昔ながらのお風呂)のお風呂で、なかなか暖まらないのでシャワーをずっと出しっぱなしにしたり、何度も追い炊きしなくてはいけない、という場合は断熱浴槽など省エネ仕様のユニットバスもあるので、交換を考えても良いかもしれません。バリアフリー、安全面でもユニットバスは注目されています。
減築
500万円~
子供が巣立った後などに、身の丈に合ったサイズまで減築するリフォームは、住宅内で消費する消費エネルギーの絶対量を減らす効果が期待できます。施工内容によって費用は大きく変わってきます。エネルギーの削減はもちろん、固定資産税の削減にもつながります。

住宅を長く大切に使うためのエコリフォーム

日本の住宅は欧米と比べて壊されるまでの期間(≒寿命)が非常に短い特長があります。震災や戦争の影響はもちろん、戦後の急速な住宅需要に間に合わせるよう質の低い住宅が多く出回ったことや、新品・一人一つを良しとする文化、築15年以降の住宅価値の異常な低下など、理由はいくつかあるものの、まだ使える住宅さえも建て替えられてしまうのは健常とは言えません。政府はこの問題に取り組むため、「長期優良住宅」と呼ばれる概念を普及促進させようとしています。簡単に言うと、より質の良い住宅を作り、より長く使う文化を醸成しようという試みで、新築の場合は税制優遇が受けられたり、リフォームの場合は補助金が受けられたりといった特典がある場合もあります。(こうした優遇制度はその年ごとに変わります)

住人にとっては補助金などの直接的なメリットはもとより、中古住宅の購入・売却が活発化することでマイホーム購入のハードルが下がると言えます。丁寧に建てられ、守られてきた建物の歴史を経た価値は、コストを削るために安価なパネル材を多用したどこにでもあるような新築住宅の価値とは比べ物にならないのは、ヨーロッパの成熟した街並みにため息を漏らした経験のある方ならお分かりなのではないでしょうか。環境面でも、既存の住宅を住み継ぐ方が世代ごとに建て替えるよりも当然エコと言えます。

住宅長寿命化リフォームの事例と費用

内容 エコな理由
外壁塗装・屋根塗装
50万円~
住宅を長く使うには、単にその家に住み続けるだけでは十分ではありません。外壁や屋根の塗装、メンテナンスを定期的に行うことは、おうちを健康な状態に保つためにも重要です。塗り直しのタイミングは10年周期です。
シロアリ対策
10万円~
外壁塗装と同じ理由から、シロアリの対策も5年ごとには行いたいメンテナンスです。
各種耐震工事
50万円~
家の耐震性を高めることで、より長く、安心して使えるようになります。屋根を軽量な瓦に葺き替えたり、壁を補強したりと工法は様々ありますが、簡単なものは50万円程度から、いくつかの工法を組み合わせて行いながら予算的には100~150万円程度になることが多いようです。

自然素材を使うエコリフォーム

特に内装の素材の良さは毎日の快適性にも関わります。自然素材のフローリングや塗り壁などは費用もかかり、補助金などが特にあるわけでもないものの、資金に余裕があれば是非検討したいと考える方も少なくないのではないでしょうか。

自然素材へのリフォームはエコへの直接的な影響が図りにくいのでエコリフォームに含むかどうかは意見が分かれるところでしょうが、国内の間伐材を積極的に使用し林業を促進することはCO2排出量の削減に貢献できることが知られていますし、今後メンテナンスや建て替えをしなくてはいけない時、自然素材なら土に還らせたり、バイオマス発電の燃料にしたりと、環境負担の少ない方法を選びやすくなるので、広い目で見ればエコなリフォームと考えることができます。

  • 森林は適宜間伐をすることで若い樹木の成長を促すことができ、長期的に見てより多くのCO2を吸収できる。また国内の素材を優先して使うことで削減される輸送コスト・エネルギーも見逃せない。

自然素材リフォームの事例と費用

内容 エコな理由
フローリング張替え
2万円/㎡~
フローリングは30年を目安に張替えが推奨されていますが、面積の大きい床に素材の良い建材を使うリフォームは、費用に対して満足感を得やすいと言われます。自然素材にこだわる方は、是非「国内間伐材」を有効利用したフローリング材での施工をご検討ください。価格も種類も豊富にあります。張り替えたら蜜蝋などで大切にメンテナンスをすることで、年月とともに風合いが増してきます。
塗り壁
10万円~
珪藻土や漆喰などは調湿効果があり、カビの発生などに効果があります。エコの観点で、ビニールクロスと比較した差はそこまで顕著ではないかもしれませんが、断熱・換気計画が十分でない住宅ではカビが発生しやすく、お家の耐久性にも住人の快適性にも悪影響を及ぼします。塗り壁の調湿効果は、限度はあるものの適切な断熱や換気、空調設備の計画とともに取り入れることで、おうちの耐久性を高める一要因にもなり得ます。なによりも、住人が住んでいて快適な空間を作れることは大きなメリットです。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

リショップナビ

妥協したくない方のための一括見積サイト
登録施工店が多く自由度の高い提案も期待できます。強いこだわりを適正価格で実現したい方、できるだけ多くの選択肢から最適な業者を見つけたい方に最適です。対応地域:全国

リショップナビ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。