リビングの照明リフォーム
費用や選び方プランニング方法

照明のプランニングというと専門のコンサルタントもいるくらい、突き詰めると奥が深いものではありますが、このページではインテリアのプロでなくても手軽に照明のプランを作る方法として、より具体的にどういう照明器具をどこにどれだけ設置すれば好みの空間を演出することができるのか、といった今すぐにでも実践できるプランニングの方法をご案内しています。特に家族の集まるリビングを中心に情報をお届けしていますが、照明プランニングの基礎的なことも押さえているので、ベッドルームや和室といったシーンごとのプランニングにもお役立ていただけるかと思います。

照明リフォームのプランニング方法

実務的な明るさが得られて雰囲気もあり、さらにより省エネな照明というと高いハードルのようにも聞こえますが、まず必要な明るさを把握し、次に全体の照明と局部的な照明を振り分けるという2段階のシンプルな作業に分けて行えば意外に簡単に素敵な照明空間を作ることができます。失敗を限りなく減らすためのポイントは調光機能。予算があれば全ての照明器具に調光機能をつけたいところですが、全般照明が調光機能を持っているだけでも、照明環境にかなりの違いを体感できるはずです。

居室・非居室で必要な明るさは?

以下では居室の用途ごとに必要な明るさをご案内しています。部屋の明るさの目安はlx(ルクス)という単位であらわされることが多く、住宅においては5~1000lx程度で用途に合わせた照度が得られる照明計画をしますが、商店などのショーウィンドウなどとなると1500lx以上などといった明るさが必要なこともあります。

住宅の照明基準

日本の住宅にはなぜ「1室1灯」が多い?

リビングルームで使われることが多いのは、シーリングライトと言って天井にくっつくように設置された写真のようなデザインのものがが多いかと思います。

シーリングライトの例

居室にはこのようなシーリングライト1灯で対応される場合が非常に多くありましたが、照明計画としては単におしゃれじゃないだけでなく、就寝前に身体を休めたい状況でも昼間のように明るい状況を作り、身体に負担をかけることも少なくありませんでした。

それではなぜそうしたお家が多いかというと、住宅の設計段階では家主がお家の照明まで希望を出していることはあまり多くなく(入居者が未定のことも多いアパートならなおさら)、設計側としては安全面や機能面から、一般的には暗すぎよりも明るすぎにプランしておいた方が都合が良いことが多いためだと考えられます。

以下ではこうした「1室1灯」のお部屋を、リフォームや模様替えで雰囲気あふれる素敵な照明のお部屋に変身させるためのポイントをご案内していきます。

全般照明と局部照明を使い分ける

先ほどご案内した「1室1灯」(部分照明、局部照明)という方法でより手軽にプランニングが可能です。一方調光があまり細かくできない場合は、照明器具の交換を考える必要があるかもしれません。

雰囲気づくりのコツは「コントラスト」、全般照明は抑え気味がベター

コンビニの均質な光と街頭を比べてみても分かるように、照明のドラマティックな効果を体感するには明るい部分を周りの暗さが際立つような構成、つまり光の「コントラスト」が重要となってきます。ただあまりにコントラストが強すぎる状態が長く続くと目が疲れやすいため、全体照明:局部照明=1:3~10の間で構成し、局部照明を使う時は全体照明も併用するようにします。

住宅における照明の明るさについての図で、LDKでは全般照明の明るさが30~150lxの間に設定すると良いとなっています。例えば近年のトレンドでいうとお子さんの勉強はリビング・ダイニングでさせるのが良いなどとも言われます。またテレビはつけっぱなしにしていないと落ち着かないというような方もいらっしゃるかもしれません。このように常に比較的明るい状態を好まれる場合は、150lm前後でしっかり部屋全体を照らせる照明器具を導入するのがいいかもしれません。先ほどもご案内したように、日本の住宅はほとんどの場合でかなり明るい全般照明が採用されているので、「何畳用」の目安に従ってシーリングライトを導入すれば間違いないと言えそうです。全般照明がかなり明るいので、ダイニング用のペンダントライトや読書用にライトスタンドといった補助照明を導入しても明るさが目立たず、雰囲気づくりといった面ではうまくいかない場合も出てきそうです。

全般照明と局部照明のコントラストが低い例 全般照明と局部照明のコントラストが高い例

一方テレビは家に置かない、というタイプの方もいらっしゃるでしょう。この場合は30~50lxの暗めの全般照明で十分と言えそうです。全般照明が30lx程度であればダイニングテーブルの上に、テーブルが150lx程度になるくらいのペンダントライトなどを加えれば、実用的に十分な明るさを得られるばかりか省エネルギーで雰囲気のある空間を作る事ができます。

現在のシーリングライトを活用しても良いなら、調光機能のついたものに買い替え、気に入った局部照明を加えることで費用を抑えて雰囲気のある照明計画を実現することができます。一方リフォームやリノベーションの機会に全般照明をこだわりのライティングレールに変えたい、などという場合は以下で設置費用やポイントなどをご案内していますので、合わせてご確認ください。

照明器具のリフォーム事例と費用

ご自宅のリビング照明のリフォーム計画について、少しは具体的なイメージが湧いてきたでしょうか。フロアスタンドや、シーリングライトからペンダントライトに変えるといった内容であれば単純に照明器具を買い換えるだけで対応可能ですが、ここでは施工を伴う照明リフォームの内容や費用について、詳しく見ていきます。

シーリングライトからダウンライトに変更するリフォーム

天井に埋め込み式で設置できるためスッキリとした印象が出せるダウンライトは、全般照明として取り入れることもあれば、絵画を照らしたり、押入れや物入れなどを開けるときに実用的な照度を得るためのスポットとして利用したりと、採用箇所は広範囲です。

リフォームのダウンライトの選び方

ダブルコーンのダウンライトとシングルコーンのダウンライト

全般照明などで使用時間が長くなることが予想される時は、少々費用が上がっても効率の良い製品を選ぶ方が良いと言えます。ダブルコーンと言って反射鏡が2段になった構造のものは光を無駄なく届けることができるため、より少ない球数で必要な照度を得られることができます。

ダウンライトは光を見上げた時に眩しくならないよう、バッフルと言ってフード部分をギザギザに加工して光を和らげたり、乳白カバーをかぶせてあるものもありますが、これらは照明の効率が落ちます。対策として、効率の良い反射鏡のものを利用し壁面に光を向けるということはよく取られる手段です。白い塗り壁との組み合わせなどは、明るさも強調され印象的な雰囲気も出すことができます。壁に照明を当てるのはウォールウォッシャーなどとも呼ばれますが、目線に収まりやすい壁面が明るくなることで部屋がより明るく感じられる効果があります。

ダウンライトの施工費用例

ダウンライトの種類などにもよりますが、3灯を施工と器具で10万円から施工例が見つかります。調光機能が付いたものだと5割程度価格が上がるようです。

ダウンライトを導入する際、例えば今までのシーリングライトが付いていたところに残った穴や汚れが気になるので天井のクロスを張り替える(3万円〜)など、合わせて行っておきたい工事内容がなにかと増えることもあります。予算には余裕を持っておくことをオススメします。

建築化照明としての間接照明

間接照明の中でも、天井の梁やステップの裏側などにライン照明などを隠して、天井や壁、の端が光るような効果が出る照明は、落ち着いた高級感のある部屋に仕上がるので、照明にこだわったリフォームに導入されることが多いです。このように壁や天井などの建築部分と一体化された照明方式は建築化照明と呼ばれます。

ビルイドイン間接照明の種類と導入のポイント

住宅で使われるビルイドイン間接照明の例で多いのが、天井面より少し下がった部分にライン照明を設けるための面を設け、天井を間接光で照らすコーブ照明です。

商業施設などの高い天井ではシャンデリアなどと組み合わされることも多く、華やかながら空間に落ち着きを与えられる照明方法と言えます。住宅においてはひとつながりの大きめの空間の天井面にコーブ照明を導入すると、柔らかに空間の広がりを演出し、照度に増した明るさが感じられる効果があります。

照明を設置する場所は、天井よりやや低めに設定した造り付け家具の上部を利用したり、無垢板などで天井との素材の違いを楽しんだりと、デザインとの折り合いが付けやすいのも人気の高さの理由の一つと考えられます。

他にはコーブ照明と似ていますが、壁面に向けて照明を当てるコーニス照明や、階段や廊下などで安全性確保にも有効な足元照明などが建築家照明の採用例として挙げられます。

ビルイドイン間接照明の施工価格は?

天井や壁などに新たに造作部分を施工するといった内容が加わる事が多いビルイドイン間接照明は、より規模の大きいリフォームやリノベーションをするタイミングで導入することがほとんどです。例えば細かく区切られた間取りを壁を取り去って一つなぎの部屋にし、広々リビングルームにリフォームする際などは、大空間に映えるコーブ照明などの導入を考えると良さそうです。

気になる費用ですが、コーブ照明やコーニス照明を取り入れた部屋のリフォームは一部屋あたり60万円程度から300万円まで予算額には幅があります。

近年はトイレスペースに高価な建材を使用し、間接照明なども入れて60万円もの費用をトイレだけでかける事例もあります。リフォーム予算に余裕がある場合、ビルドイン間接照明は予算に見合う高級感と快適性を得るのに人気の高い施工内容だと言えそうです。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

安価で快適リフォーム

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。