近鉄不動産の太陽光売電住宅、シャープのパネルを搭載

近鉄不動産は、10kWの太陽光発電システムを搭載した、『太陽の住まい』という住宅を販売開始しました。
太陽光発電システムは、『受光量アップ』・『送電ロス低減』・『発電ロス低減』が特徴の、シャープの『BLACK SOLAR』を採用しています。安心の保証とメンテナンスも充実していて、『10年間の屋根工事漏水保証』や『メーカー保証』、『太陽光発電のシステムを見守るWebモニタリングサービス』などが提供されています。
経済産業省が実施している電気の固定価格買取制度では、太陽光発電システムの発電量により売電価格や買取期間が異なりますが、10キロワット未満の発電量の場合は、買取期間が10年間になります。しかし、太陽の住まいの場合は、10キロワット以上になるため、買取期間は20年と長期間電気を売ることができ、試算される売電収入は約800万円と見込まれています。
本住宅は、近鉄沿線の主要住宅地で分譲中の注文住宅用地にて工事請負契約を締結する人が対象になります。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です