伊藤忠ら、大分県に44.8MWのメガソーラー

伊藤忠商事、九電工三井造船の3社は共同で事業会社を設立し、三井造船が大分県大分市日吉原に持つ敷地46万㎡に出力44.8MWのメガソーラーを建設すると発表。みずほ銀行を幹事とする銀行団が融資を行うことになります。

年間予想発電量は5,250万110kW、予想設備利用率は13.38%です。

実際稼働中の太陽光発電設備における大分県の設備利用率(=年間発電量)の平均は13.6%で、全国平均と比べると低め。とはいえこれだけのまとまった土地が得られて、土地あたりの出力も多め(約1MW/ha)なため、十分採算の合う事業になりそうです。

事業を行う共同会社の出資比率は
伊藤忠商事:50%
九電工:30%
三井造船:20%

で、今回の持ち分も含めて伊藤忠が保有する再生可能エネルギーによる発電出力は、470MW(5カ国に保有するプロジェクトの合計)になるといいます。
ソフトバンク完全子会社のSBエナジーも発電容量を増やすべくメガソーラーの建設をすすめていますが、出力においては遅れをとっている模様。(SBエナジーの場合は伊藤忠らと比べて”投資”の色が薄いので比べるものではないかもしれませんが。)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です