カナダ最大!オンタリオ州のサムスンによる140MWメガソーラーはカナディアンソーラーの施工

オンタリオ州で子会社のサムスン・リニューアブル・エナジーを通して再生可能エネルギー関連事業を進めるサムスン物産とカナディアンソーラーの連携事業について、以前もお届けしましたが、サムスン・リニューアブル・エナジーは今回さらに、140MWというカナダでは最大規模となる太陽光発電所「キングストン・ソーラーLP太陽光発電所」の建設を発表。そのEPCにはカナディアンソーラーが行うことになるそうです。

2015年第3四半期には稼働開始予定のこの大規模太陽光発電所の建設事業は、サムスンとオンタリオ州によるグリーン・エネルギー投資協定(GEIA)の一環で、昨年6月10日に発表された「グランド・リニューアブル・エネルギーパーク(130MW)」に続くものです。

カナダ、オンタリオ州の設備利用率

さてこの140MW分のメガソーラーは、年間発電量173,000MWhを見込んでいるのだそう。設備利用率は14.1%。日本の平均は13%といわれますが、オンタリオ州は高緯度でありながら日本よりも太陽光発電の発電量が多く得られる地域となっています。

年間の日照時間を見ると2,235時間と、日本で一番日照時間が長い山梨県に勝る天候の良さ。夏場も気温が日本ほど上がらず、熱による出力損失が少ないと予想されます。

カナダの電力消費量と世界の電力格差

太陽光発電に適した気候といえるカナダのオンタリオ州ですが、一方で一世帯当たり年間に10,500kWh超の電力を使用しているのだそう。
これは日本の平均(3,600kWh)の約3倍に相当します。
あらためて、各国の電力事情の違いの大きさを感じますね。

ちなみにアメリカは日本の約4倍ブラジルは日本の45%程度の電力が一般的な住宅で消費されているそう。
また、世界の他の地域には無電化地域もまだまだあります。

と、サムスンのメガソーラーの話からかなり話題が飛躍しましたが…

分散型で初期投資が比較的少なくて済む太陽光発電は、各地域でそれぞれの電力事情に合わせて普及することで電力格差の解消に役立つことが期待されます。
また既に電力が十分にいきわたっている国では、省エネや節電など、同時進行ですべきことがまだまだ残っているような気がします。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です