日立がアメリカで蓄電池の実証実験に参加

アメリカで、周波数調整(アンシラリー)および容量(キャパシティー)市場を想定した実証実験に日立製作所の蓄電システムが使われる事になりました。

採用された「CrystEna」は、コンパクトなコンテナ型蓄電システム。エネルギー貯蔵システムの中核製品の一つとなる蓄電システムで、日立の制御システム、パワーコンディショナー(PCS)、およびグループ会社である日立化成のLiイオン蓄電池などで構成されています。
蓄電池の長寿命化制御など、システム性能向上とコンパクトな設計により、経済性を高めているということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です