フランスの自動車メーカー「ルノー」が合計59MWの太陽光システム導入・その副次的メリットとは?

合計59MWにのぼるこのシステムは、フランス国内の6つの製造拠点の輸送センターや従業員用駐車場に配置されます。
年間およそ52,600MWh(キロワット当たり約890kWh。日本の平均的な発電量の9割程度)の発電量が得られるということです。

これに加えて輸送前の製品を雷や雹などから守る働きも兼ね合わせた施設になるということです。

このプロジェクトはルノーの再生可能エネルギーへの知見の深さを物語り、事実毎年の再生可能エネルギーの格付け機関からは、ルノーは最も「純潔な」環境マネージメントを実行している会社の1つに数えられています。2011年の格付けにおいても、SAM、Carbon Disclosure Project、そしてOekow Researchから評価をされています。

この事業はルノーが出資し 運営を請け負うGestamp Solar(CléonにおいてはCoruscant)とのパートナーシップの元で行われます。

この事業は今後フランス国外でも展開をしていく予定で、スペインの2拠点でもCenit Solarとの契約が決まっており、他にもスロベニア、モロッコ、ブラジル、コロンビア、チリ、そしてルーマニアでの計画の検討中です。

さらに今年12月には、韓国のプサンでのプロジェクトが完成される予定です。

参照元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です