昭和シェル、太陽電池の研究開発資産をソーラーフロンティアに移譲

昭和シェルがオイルショックをきっかけに始めた太陽電池の研究事業。
NEDOからの委託研究も経て今や世界的な化合物系の太陽電池メーカーになっている、昭和シェルの子会社ソーラーフロンティアですが、昭和シェルが同社の資産として残っていた太陽電池の研究開発資産等を、ソーラーフロンティアに一元化すると発表。

これにより、ソーラーフロンティアはより柔軟で効率的な体制を持つようになり、世界市場における競争力も高まります。

アメリカ進出なども視野に入っているソーラーフロンティア、着々と準備を進めている感じがしますね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です