中国ブランド「レネソーラ」”国産パネル”の生産を始める

中国の太陽電池モジュールメーカーの日本進出が進む中比較的出だしが遅かったレネソーラですが、大きく出ました。
日本のバイテックという半導体などの販売を行う企業と連携し、バイテックグローバルソーラーを設立し、レネソーラブランドのパネルを日本国内で生産すると発表。
レネソーラはこれまでにバイテックの開発するメガソーラー事業へのパネル提供なども行っています。

日本の企業と連携して国産パネルを生産する海外ブランドは、伊藤組モテックの先例があります。

気になるのはやはり価格帯でしょうか。
中国で生産するものと比べるとコストは高くつく事になるとは思いますが、市場に出回ってくる「国産」の中国メーカーパネルの価格に、今後注目したいところです。

太陽光発電メーカー別価格相場表

参考

2 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です