集光型太陽電池の価格は2016年まで年平均16%ずつ低下する

IMSリサーチによると、集光型太陽光電池(CPV)は目覚ましい技術革新により2016年までに年平均で16%の価格低下ののち、世界累積設置量は1.2GWに上るだろうという予測を出しました。

一定の市場にとってCPVが今まで以上に魅力的な製品になるこの進歩の裏側には、Solar Junctionのセル変換効率の記録更新や、Amonixが34.2%の効率を持つパネルの製品化などがあります。

集光型太陽電池は南アフリカの再生エネルギー独立発電プログラム(REIPPP)にも使われたりイタリアのシチリア半島に供給を行ったりと、一定の市場を持っています。

参照元

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です