カナディアンソーラーが国内で初めて大規模パネル供給・牛舎屋根に1MW

三重県南牟婁郡の農事組合法人の尾﨑畜産御浜ファーム敷地内にある牛舎の屋根に、1MWのカナディアン・ソーラーの多結晶太陽電池モジュール「CS6Pシリーズ」の設置が完了したそうです。
アンモニア腐食耐性やPID(高システム電圧における太陽電池モジュールの出力低下)耐性など、多くの認証を取得している、品質と性能の高さが特徴のパネル。

先月中に完成しており、12月に系統連係、稼働開始の予定。

今回のパネル提供は、国内でメガワット級としてはカナディアンソーラー初だそうです。
他にも海外では、プエルトリコの26MWのメガソーラー(今年10月)トルコでは最大の540kWのプロジェクトなどでも採用されています。

参照元

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です