アキュラホームの10kW太陽光の家は高品質「Qセルズ」を低価格で、9月までの限定販売!

アキュラホーム住宅に10kW以上の搭載を可能としたモデル「太陽を活かす家」を、7月から9月の期間限定で販売。
すみずみまでアキュラホーム”らしさ”が感じられる商品となっています。

新築でQセルズを検討している方は必見

住宅に10kW搭載できるスマートハウスが住宅メーカー各社から販売されていますが、パネルメーカーには絶対数が多いブランドを採用するのが常だという印象があります。
つまり、パナソニック京セラ東芝、違いを出すためにソーラーフロンティアなど。

ここであえて日本での知名度は低くても、絶対的な品質とパフォーマンスを誇るQセルズを選んだところに、アキュラホーム”らしい”こだわりが感じられます。

同社のホームページには、住宅づくりの特徴の一つに「適正価格」での提供があげられており、従来から一括仕入れや直接施工による品質と低価格の両立を試みているといいます。
今回もドイツのQセルズからの直接仕入れでコストダウンに成功したと発表しています。

新築への太陽光発電を検討していて、優先項目として”品質”を考えている方はアキュラホームでの施工を選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

導入には、少容量でも20年全量が適用される「屋根貸し」のプランも用意

自由設計の木造住宅で、ライフスタイルに合ったオンリーワンの注文住宅を提供するアキュラホーム。太陽光発電も、購入者が無理なくライフスタイルに合った方法で導入できるよう、4つのプランを用意しています。

より多くの容量を設置して住宅ローンの返済に充てる「全量買取プラン」や、発電した電力を家庭内で優先的に利用する「余剰買取プラン」においては、多くの住宅メーカーで類似したプランが標準的に用意されています。

ここでアキュラホーム独自だと言えるのが、いわゆる「屋根貸し」で導入時や導入後のメンテナンスにかかる費用を負担せずに太陽光発電を始められるというもの。

屋根貸しによる太陽光発電の導入方法には、20年間売電収入の一部が支払われる「太陽光共同事業プラン」と、11年目からの配当および20年目以降は100%太陽光発電が自分のものになる「屋根貸し事業プラン」の2種類を用意しています。
どちらのプランにおいても「10kWに満たない場合でも、他の住宅の太陽光発電設備と容量を合わせる事で20年全量売電ができる」ところに注目。(設置は3kW以上から)

配当の割合にもよりますが、余剰売電プランよりも、もしかするとお得になる場合も?
詳細やシミュレーションなどは、お近くの展示場などでご確認ください。

「太陽を活かす家」リリース内容

国内でも注目度が上がっているハンファQセルズ。他のメーカーと比べるとやはり高いと感じてしまいますが、アキュラホームなどでの採用で国内での導入量が増えて、さらにお得に設置せきるようになるといいですよね。

価格の最新情報については、毎月更新の「太陽光発電価格比較」においてご確認ください。

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です