三菱電機、世界初のEV用パワーコンディショナ「SMART V2H」を発表

三菱電機が7月1日に発表した新製品「SMART V2H」は、太陽光発電の電力とEVからの電力、系統からの電力の3種類を混ぜて使用することができる、世界初のEV用パワーコンディショナー

いわゆるV2H(Vehicle to Home)といわれるこのシステム、EVが蓄電池の役割を果たし、家庭内への供給とともに、太陽光発電からの充電も可能。
まさに、「スマート」なV2Hシステムですね。

停電時はEVを蓄電池として活用、6kWを安定供給

太陽光発電は停電時にも使えるとは言いながら、出力はパワコン1台につき1500kW。しかも太陽の日射量によって変動するために供給は安定せず、限られた用途にしか使えませんでした。

しかし「SMART V2H」はEVに充電してある電力と太陽光発電からの電力をシームレス充放電で切り替えができ、停電中も6kWの出力を安定して供給(供給可能な電力量はEVの充電残量と太陽光発電の出力に依存)できます。もちろん太陽光発電の余剰分をEVに充電することもでき、災害時の利用価値がかなり高まります。

販売開始は7月31日から。
現時点では日産の「リーフ」のみ接続が可能となっており、三菱自動車の「MiEVシリーズ」にも順次対応予定とのこと。
また製品の購入にあたっては電力会社との個別の系統連系協議が必要なため、現在はモニター販売に限定されています。

今後の汎用化に期待したいですね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です