福島のゴルフ場跡にドイツハンファQセルズの多結晶パネル26MW

ハンファQセルズは、福島県須賀川市で建設予定の「サニーソーラー福島中央発電所」に同社製の多結晶パネルである「Q.PRO-G3」を約10万5000枚、合計出力約26.2MWを納入したと発表。

健康食品や化粧品の販売等を行うサニーヘルス株式会社が事業主のこのメガソーラーは、震災後に閉鎖したゴルフ場跡地を利用して行われるもの。設計・建設にはJFEエンジニアリングが入っています。
2014年2月3日に着工開始しており、稼働開始は来年3月の予定。

Qセルズの選定には実地テストにおける発電量の多さが証明されたことなども一因となっているのだそう。

ハンファQセルズは国内で2013年中に520MW以上のモジュールを出荷しており、これは海外メーカーで最大量だったのだそう。
住宅用ではあまりみかけないQセルズですが、事業の信頼性が重視される産業用などで多く採用されたのかもしれませんね。
今後の躍進にも期待したいです。

参考12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です