日立ブランドの単結晶シリコンモジュール販売開始

日立アプライアンスがソーラーパネルを「日立ブランド」として販売開始。
日立ブランドとして販売されるのは2種類で、210Wの「HSS-M210BB」を10月下旬から、ハーフサイズの105W「」を12月から発売開始します。

パネルはトリナソーラーから供給され、日立のステッカーが貼られて販売されるのですが、結局は中国製、ですね。
しかし日立は日本の自社工場で2012年8月からパワコンおよび架台、固定金具類を開発、製品化しているため、周辺機器を日立製で取り揃えて製品の信頼度を高めようというわけ。

製品の詳細などは日立製作所の太陽光発電についてのページでご案内しています。

今後は太陽電池モジュールと架台を固定する金具のラインナップ充実や、様々な屋根材に合わせた金具など、9月20日以降順次発売していく予定だということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です