沖縄の太陽光発電事情

沖縄での太陽光発電は、日本の他の地域と違い、独自の問題を抱えています。

高温多湿で台風が多く海に囲まれていて塩害も気にしなければいけない気候から、通常の製品を使用すると故障が多くなる問題もあります。
「第27回トータルリビングショウ」では太陽光発電メーカーと協力し、特別に沖縄仕様にした製品が展示されたということです。

また施工方法でも、業者主導で試みた方法が功を奏し、沖縄と同様の問題を抱える南太平洋のソロモンでの事業に採用されるというニュースも出ています。

具体的には、台風や塩害で故障が多くなりがちなパワーコンディショナ―に対する施工上の対策方法について触れられています。

一般的に50kW程度の中規模太陽光発電施設に対しては、容量の大きな業務用パワーコンディショナ―を使用されます。
しかし容量の大きな機械1台でまかなおうとすると、故障した際のリスクが大きいことから、沖縄の太陽光発電業者「沖縄小堀電機」では、市販品の10kW程度の製品を複数使用したシステム構成、数年前から試験的に運用し、効果を上げてきたということです。

リスクの分散とともに故障した際の早急な対応を可能にしたこのシステムなどを持って、沖縄小堀電機では新興国や嶼などでのビジネスチャンスを広げていきたいという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です