インテリア素材として注目される太陽電池

発電するカーテンの開発や、太陽電池を使った素敵な間接照明の話題を以前にお伝えしましたが、太陽電池のインテリア素材としての活用が注目されています。

平塚市の県農業技術センターでこの夏大規模な実証実験が開始される「色素増感太陽電池」は、弱い光でも発電でき、屋内のインテリアを兼ねた補助電源として期待できるのだそう。

20130313-012982-1-L

従来の太陽電池と比べて効率こそ劣るものの、窓ガラスを通した日光や室内照明といった弱い光でも発電できる点、軽くて両面で発電でき、曲げたりもできる事から、様々な製品の素材として応用の効く点が魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です