シャープ、化合物3接合型のセル変換効率で世界最高の37.7%達成

シャープが開発する化合物3接合型太陽電池セルで、世界最高変換効率となる37.7%を達成したという発表を出しました。

化合物太陽電池セルは、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持つ変換効率の高い太陽電池です。今回、当社が開発した化合物3接合型太陽電池セルは、インジウムガリウムヒ素をボトム層として、3つの層を効率よく積み上げて製造する独自の技術を採用しています。この3つの光吸収層で、太陽光の波長に合わせて効率よく光を吸収し電気に変換することに加え、光吸収層の周辺部を最適処理することにより光を電気に変換する面積比※4を増やしました。これにより、太陽電池の最大出力が高まり、世界最高変換効率の37.7%を達成しました。

シャープは2001年から、NEDOの太陽光発電研究開発テーマへの参画をしていますが、今回の研究もこれの一環だそうです。
この研究の成果は住宅用などの大量生産目的ではなく、集光型への応用、人工衛星用など、特に宇宙開発の分野での実用化が目指されるという事です。

今現在で集光型のパネルというと、34.2%が製品として実用化されているようですが、もともとが37.7%のセルを、集光型にしたら、何%の効率になるのでしょうね!それこそ未来的な数字です!

記録更新や新製品の話題続きで、ちょっとウキウキしますね~。
シャープの太陽光パネルの詳細・最安値情報など
参照

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です