スロベニアは累積導入量195MWに


スロベニアの国営エネルギー機関によると、現在国内に設置されている太陽光発電施設の合計出力は195.6MWになるということです。
スロベニアの太陽光発電施設はは80%が50kW以下で、メガワット規模のものは現在ありません。

スロベニアの現在のFiT価格は50kW以下までが19.8ユーロセント(約21円)で、1~10MWまでが13.8ユーロセント(約15円)。
そして来年からは約半年ごとに8%ずつ買取価格は引き下げられていく予定です。
8%の引き下げの周期は累計導入量によって決定されるということです。
スロベニアは年間55MWという導入量の上限を設けていますが、この上限数は変更も可能で、買取制度の負担が増えすぎたと判断される場合にはこの上限が引き下げられることも起こりうるそうです。

小国で太陽光発電を普及させようとするには、このくらい慎重にやっていかないとすぐに破綻してしまうのでしょうね。ルーマニアの将来性についての専門家の意見の中でも、あまり小国が無理をするのは賢明ではないという内容が書いてあります。

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です