サンテック、2015年12期の出荷実績で前年割れを見込む

2015年3月20日、サンテックパワージャパン(東京都新宿区)の2015年12月期における30万~35万kW太陽光パネルの出荷が前年実績割れを見込むことがわかりました。売電事業に用いる発電所の着工の遅れに加え、出力制限のルール変更によってメガソーラーの需要が落ち着いたことが原因とされています。

サンテックパワージャパンは2014年に50万kWの販売を目指していましたが、各電力会社がメガソーラーからの電力受け入れを保留した影響から、目標を大きく下回る35万kWに終わっています。2015年12月期はこれをさらに下回ることから、売電事業の見直しを迫られています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です