カナディアンソーラー、ヨルダンの屋上メガソーラーにパネル供給

カナダ・オンタリオを本拠地とするカナディアンソーラー(Canadian Solar Inc.)は、自社の太陽電池モジュール「CS6X-300P(300W)」を、ヨルダン・アンマンにてKawar Energy社が開発を進めている屋上太陽光発電プロジェクトに1.5MW供給したと報告しています。

Kawar Energy社CEOのHanna Zaghloul氏は「世界中の大規模太陽光発電所に選択されている実績のある、確かな品質と性能を持ったカナディアン・ソーラー社の太陽電池モジュールを、ヨルダン最大となる当社の屋上太陽光発電プロジェクトに採用しました。今後も引き続きカナディアン・ソーラー社とのパートナーシップ継続を期待しています」とのコメントを発表。また、カナディアン・ソーラー社の会長兼CEOのショーン・クー博士も「ヨルダンで重要なプロジェクトを行うKawar Energy社に太陽電池モジュールを供給できたことは、当社の新興市場での成功の証にもなります」と喜びを語っています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です