アンフィニが兵庫県の「琴池」に水上メガソーラー1.7MWを開所

兵庫県稲美町のため池「琴池」で4月18日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の開所式がありました。池に浮かべるのに使用された太陽光パネルは6846枚。出力規模は約1.7MWで、一般家庭500世帯に相当する年間180万kW時の発電を見込んでいます。

事業を展開する「アンフィニ」(大阪市)によると、水上設置されるメガソーラーとしては国内最大の出力規模だと言われています。池を管理する「琴池土地改良区」には賃料が還元され、土地改良区運営費に宛てることが可能になりました。

参考

アンフィニジャパンソーラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です