日本生協連、新電力会社「地球クラブ」を設立

資源エネルギー庁による新電力の推移グラフ(下図)をみると、昨年10月の段階で100社を超える新電力会社の届け出が出されていることが分かります。

ppc

メガソーラー建設の先には新電力を見据えている企業が多いと考えられ、今後もその数は増えていくのかもしれません。

日本生協連は現段階で、全国に7施設の屋根上大型太陽光発電設備を稼働しており、規模は合計で約4MW。
この電力に加えてバイオマス発電や小水力発電由来の電力を外部から調達、さらにバックアップに一般電力を使用して大口の電力需要家に供給する、いわゆる「新電力」事業を開始すると発表。
新電力会社(PPS)の名前は「株式会社 地球クラブ」だそうです。

まずは5.7MWの出力に限定して日本生協関連の事業所を中心に電力供給を行っていく予定だということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です