ソーラーフロンティア、CIS技術で変換効率19.7%達成


有害物質のカドミウムを使用するものが多いCIS/CIGSの化合物系のパネル。しかしソーラーフロンティア製のパネルはそのカドミウムを含まないという事でも、注目度の高いメーカーです。

そして今回、カドミウムを含まない薄膜型のパネルのセル変換効率を1%以上更新し、世界最高の19.7%を達成しました。(「セル変換効率とモジュール変換効率の違いは?」

カドミウムを含む薄膜型では20.3%という世界記録があり、この記録の更新を目指すとのことです。

ソーラーフロンティアの詳細・パネル最安値情報など

参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です