アメリカ・アジア太平洋圏の再生可能エネルギー開発に60億ドル


アメリカとブルネイ、インドネシアの代表が、再生可能エネルギーの開発に関してアメリカとアジアで包括的な協力関係を結ぶことを発表しました。

このパートナーシップで、世界銀行やアジア開発銀行とも密接に協力しながら、次の4つの項目の開発を進める予定です。

  1. 再生可能・クリーンエネルギー
  2. 市場形成と相互連結
  3. 天然ガスの新たな役割
  4. 持続可能な発展

アメリカは輸出入銀行と海外民間投資公社を通じて今後4年間で60億ドルをこのパートナーシップにつぎ込む予定です。

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です