Looopでソーラーフロンティアの取り扱い開始

Looopは2014年12月15日、太陽光発電所用キット製品「MY発電所キット 68CIS」の販売を開始しました。今回採用されたモジュールはソーラーフロンティアの「CIS薄膜太陽電池モジュール SF170-S」。同社がこれまで発売したMY発電所キットに採用されていたシリコン太陽電池モジュールに比べると、高温環境及びモジュールに影が差した時の出力低下が少ないという利点を持っています。

系統に出力する電力は50kW未満ですが、モジュールを400枚接続した場合の合計出力は68kWとされています。価格は1,450万円(税・配送料・工事費別)で、約1,240平方メートルの土地に設置することが可能です。

ついにソーラーフロンティアが登場ですね。
単価にして21.3万円ということですが、これにさらに配送料や施工費が入ってきます。
ソーラーフロンティアの住宅用(10kW未満)施工費込みの最新価格情報はこちらから

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です