3G通信回線搭載で容易に設置可能な、コンテックの運用監視システム「SolarView Air(ソーラービュー・エアー)」

産業用コンピュータや計測制御設備、ネットワーク機器を製造するコンテックは、同社のシステムを活用して太陽光発電設備を遠隔制御できるシステムを開発。監視パッケージ「SolarView Air」として販売を開始しました。

この製品は、同社が「SolarView(ソーラービュー)」として提供する太陽光発電計測・監視システムの進化版ともいえるもので、機器自体に3G通信回線を搭載することで通信回線工事が不要となり設置が容易に行えることが特徴。

SolarView(ソーラービュー)はパワーコンディショナから送られるデジタルデータから異常を発見する方式の運用管理システムで、電流センサーによるアナログ方式と比べて精度が高いのだとか。

一台で最大9台のパワーコンディショナに接続でき、年間利用料は24,000円(+税)とのこと。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です