太陽光採光システム

太陽光採光システムとは

屋外に設置された集光機のレンズで太陽の光をあつめ、導線でつないで室内に直接送るというシステムで、究極のエコ照明です。

導入例としては、日中でも日が当たらない部屋などに自然光を入れたりする例が多いようです。その分昼間の電気代が浮くだけでなく、一番身近な光源からの直接の光が部屋に入るので、雰囲気がガラッと変わり、気分まで明るくさせてくれるというユーザーの声も多いようです。さらにレンズで光を集める際、紫外線、赤外線をカットしてくれるので、直射日光よりも体にやさしい、高品質な太陽光ともいえます。

製品紹介

現在販売されている太陽光採光システムの内容、価格などをご紹介します。

ひまわり

森ビルグループの森磯株式会社が株主のラフォーレエンジニアリング株式会社が販売している太陽光採光システムです。この製品の開発者は慶応義塾大学理工学部教授で、森ビル創業者・森泰吉郎の長男森敬博士です。

「ひまわり」の特徴は、太陽の位置によって自動追尾して一日中高効率で採光できるシステムであるところ。この稼働に必要な電力は一日あたり1円程度。太陽光パネルを付属すると完全に電源独立型の照明器具になります。採光から照明に繋がる導線には光ファイバーを使っていて、10m、15m、20mの商品展開があります。それ以上の長さについても相談できるとのことです。

価格は観に6眼(照明1つに接続)が350,000円から、12眼(照明2つに接続)で680,000円からの取り扱いで、それ以上の大型システムについても見積もりできます。

ソラチューブ

オーストラリアの「SOLATUBE」は、住宅用、産業用のデイライティングシステムおよび、特に大規模な産業用に「ソーラーマスター」を販売しています。導線には99%超という高反射率のアルミチューブを利用しています。

日本での総代理直販店は、このソラチューブの採光システムを軸に、日本の家屋に合った付属の施工部品などの独自開発で、日本専用の「スカイライトチューブ」として商品展開しており、海外製のスペックの違いによる不具合なども解消しているため、安心してお求めになれます。

参考価格として、住宅用の小さいサイズの採光器(160DS)に付属品と工事費を入れて157,500円程度です。お近くの施工店でさらに詳しい費用についてはお聞きください。

その他の太陽光採光システム

他にも3M™ が太陽光採光システムを販売しているほか、産業用にはミラーを使った採光システムなどもあります。太陽光採光システムの商品の紹介ページにメーカー紹介があります。

2 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です