スマートグリッドとは

スマートグリッドの定義

アメリカの電力事業者が考案した電力網の名称で、スマートメーターなど通信、制御機能のついた装置の利用で停電の防止や送電の調整を実現することなどが期待されています。その方法として、電力の需要が増える時間に家電の電力消費の操作(例えばクーラーの設定温度を上げるなど)ができるような機能を送電網の中に組み込むことが提案され、そのためにスマートメーターが活用されます。「スマート(賢い)」の度合の捉え方には幅があり、各国でその整備の目的なども異なっています。

世界のスマートグリッド事情

アメリカでは2003年のニューヨーク大停電をきっかけに、送配電網も整備が注目されました。オバマ大統領はグリーン・ニューディール政策の柱としてこのスマートグリッドに言及しています。電力量の安定の他にも、スマートグリッドが電力消費量の削減、環境保護への貢献に繋がると予想されています。

ヨーロッパでは、スムーズな再生可能エネルギーの普及拡大のために、スマートグリッドの拡大を進めています。また、イギリスとイタリアは電力料金の不払いに対応するという目的もあるようです。

停電対策にとどまらない日本のスマートグリッド対策

日本では工場やビルなどの大口の需要に対しては、光ファイバなどでの電力消費のモニタリングシステムが90年代から既に構築されています。日本の送電網はアメリカと比べて頑強で、年間の事故停電時間が19分と、アメリカの97分に比べて断然に少ないです。ですが、太陽光発電をはじめとするクリーンエネルギーの普及拡大で、このスマートグリッドの重要性が注目されています。太陽光発電や風力発電などは自然の力を利用して発電するため、天候の変化により発電量もかなり不安定になってきます。需要に対して供給が多すぎると、配電線への負荷が大きくなってしまします。スマートグリッドで需要と供給のバランスを調整することで、系統の安定化が計れます。

おうちの電気料金・光熱費を見直す

各社多様な電気料金プランを用意していますが、料金体系だけでなく本当に安くなるのかをまずシミュレーションで確認できるサービスも併せて提供されています。以下は主要な電気事業者の電気代シミュレーションができるページをご案内しています。

エネチェンジ(対象地域:全国)
月間170万人が利用するエネチェンジは、お住いの郵便番号と現在の電気料金や世帯人数などを入力するだけで、「エネチェンジ限定キャンペーン」が適用されるお得で最適な電気料金プランをご案内してくれます。電気料金の比較から切り替えまでかんたんでわかりやすく申し込みができ、さらには電気の選び方や切り替え手続きに関する相談も無料でサポートしてくれるので安心してプランの変更が可能です。

エネチェンジ

ソフトバンクでんき(対象地域:全国)
「でんきがかわる。みらいがかわる」をテーマに自然エネルギーの普及を積極的に推進しているソフトバンクでんき。FITでんき(再生可能エネルギー)比率の高い電力を使用し、地球温暖化対策への取り組みとして、未来のために今選ぶべき新電力かもしれません。ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン、通信サービスをまとめたセット割は、かなりお得な料金プランです。まずは料金シュミレーションでご確認ください。

ソフトバンクでんき

事務所・工場の電気代を見直す

タイナビスイッチビズ(対象地域:全国)
高圧・特別高圧を受給している事業者による新電力への切り替えは、すでに50,000以上の施設等で行われています。利用者数100万人を超える新電力比較サイトタイナビスイッチビズ」では、全国から厳選された最大5社から完全無料で電気料金削減プランを取得し提案してくれるので手間なく最適な見積もりを受け取ることができます。

タイナビスイッチビズ

新電力一括.jp(対象地域:全国)
事業用では特定の負荷率の場合PPS側から契約を見送られることもあります。また800社近くの登録社数がある新電力の中から自社の施設へ電力販売が可能な会社を見つけるだけでも手間がかかります。ご案内する新電力一括.jpでは、電力の需要地において供給可能なPPSに絞って最大5社から無料で見積もりを取ることができます。

新電力一括.jp