日本ロジテック協同組合

日本ロジテック協同組合の事業内容

日本ロジテック協同組合は、新電力会社のひとつで、比較的規模の大きな団体です。 2000年に法律が改正されて電力の小売り事業が自由化され、既存の大手電力会社でなくても電力販売の契約が可能になりました。そこで新たに生まれた電力供給会社が新電力です。現在のところ、日本国内での新電力の普及はあまり大きくありませんが、2011年の震災をきっかけに大きな注目を集めるようになっています。 日本ロジテック協同組合は、組合に加盟した事業者の電力需要を見極め、全国の発電事業者から一括して電力を購入して事業者に電力を供給します。このため、加盟者は一般的な電気契約よりも数%電気料金を減らすことができます。加盟者の多くは日夜大量に電力を使用している事業者であるため、運営コストの削減に効果的です。 日本ロジテック協同組合から電力を買う契約をした場合、通常は追加の設備投資は必要ありません。また、既存の電力会社の送電網を利用するため、停電の心配が増えることもありません。

2016年3月末、電力小売事業から撤退

日本ロジテック協同組合は、2009年11月頃より特定規模電気事業者(PPS)に登録し、企業・自治体などを対象にした「高圧電力」の供給を中心に事業を拡大してきましたが、資金繰りに窮するようになり、各地域電力会社への買掛金の支払いに遅延が発生。2015年8月に小売電気事業者登録の申請手続の際に、財務の脆弱性を問題視され、提示された条件を充足することができず、電力共同購買事業を終了することとなり、2016年3月31日全事業を廃止することになりました。

どうして撤退しなければならなくなかったのか

電力会社は契約者が使った電気の量を送配電会社の送電網に流さなければなりません。しかし、発電所の故障や想定外の天候で消費電力が大幅に増えたりなどで自社の電力量では賄いきれない場合は、他の電力会社が代わりに電気を供給します。電気の供給ができなかった電力会社は代わりに供給してくれた電力会社にペナルティが含まれた高い電気料金を支払うことになります。報道では、このような想定外の状況が続き、供給できない事態が積み重なったことで調達費用や出資がかさみ日本ロジテック協同組合は事業の撤退をせざるを得なくなったとされています。

おうちの電気料金・光熱費を見直す

各社多様な電気料金プランを用意していますが、料金体系だけでなく本当に安くなるのかをまずシミュレーションで確認できるサービスも併せて提供されています。以下は主要な電気事業者の電気代シミュレーションができるページをご案内しています。

エネチェンジ(対象地域:全国)
月間170万人が利用するエネチェンジは、お住いの郵便番号と現在の電気料金や世帯人数などを入力するだけで、「エネチェンジ限定キャンペーン」が適用されるお得で最適な電気料金プランをご案内してくれます。電気料金の比較から切り替えまでかんたんでわかりやすく申し込みができ、さらには電気の選び方や切り替え手続きに関する相談も無料でサポートしてくれるので安心してプランの変更が可能です。

エネチェンジ

ソフトバンクでんき(対象地域:全国)
「でんきがかわる。みらいがかわる」をテーマに自然エネルギーの普及を積極的に推進しているソフトバンクでんき。FITでんき(再生可能エネルギー)比率の高い電力を使用し、地球温暖化対策への取り組みとして、未来のために今選ぶべき新電力かもしれません。ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン、通信サービスをまとめたセット割は、かなりお得な料金プランです。まずは料金シュミレーションでご確認ください。

ソフトバンクでんき

事務所・工場の電気代を見直す

タイナビスイッチビズ(対象地域:全国)
高圧・特別高圧を受給している事業者による新電力への切り替えは、すでに50,000以上の施設等で行われています。利用者数100万人を超える新電力比較サイトタイナビスイッチビズ」では、全国から厳選された最大5社から完全無料で電気料金削減プランを取得し提案してくれるので手間なく最適な見積もりを受け取ることができます。

タイナビスイッチビズ

新電力一括.jp(対象地域:全国)
事業用では特定の負荷率の場合PPS側から契約を見送られることもあります。また800社近くの登録社数がある新電力の中から自社の施設へ電力販売が可能な会社を見つけるだけでも手間がかかります。ご案内する新電力一括.jpでは、電力の需要地において供給可能なPPSに絞って最大5社から無料で見積もりを取ることができます。

新電力一括.jp