総括原価方式とは

総括原価方式とは年間のサービス(商品)の提供料金を適正な利潤やコストを上乗せして算出する計算方法です。電力会社・鉄道会社・ガス会社などがサービスを提供する際の料金をこの方式で決定しています。公共料金の基本的な料金の設定方法です。

総括原価方式のメリット

電力会社にとっては経営の安定性

事業者にとっては事前に必要な営業資金や利潤を設定し、それを回収できるような料金設定を行うため確実で健全な経営につなげられるメリットが挙げられます。

消費者にとっては電力と電気料金の安定性

総括原価方式はひとえに電力会社を守るための制度だと考えられがちですが、同時に消費者(需要家)を守るためのものでもあります。電気料金は経済産業省によって審査を受けた上で決定されるために、電力会社の経営状況によって電気代をその都度変えるということはできません。現に、原発後火力発電の燃料費が増えたことを理由に各電力会社が値上げ申請を行った際も経済産業省は申請された率よりも低い値上げのみ許可を与える対処を行っています。

また、行き過ぎたコスト削減で十分な設備投資が行われない状況を防げることで電力の安定供給につながります。鉄道や通信などを支える電力はインフラの中でも安定供給の重要性が特に高いと言えます。

総括原価方式のデメリット

メリットの裏を返せばデメリットも見えてきます。電力会社にとっては何らかの思わぬ自体で経営が困難になったとしても、今回のように簡単に値上げは許されないため赤字決済を余儀なくされる場合もあります。また、逆に発電コストが下がり、予測していた営業資金を下回る場合でも消費者に還元されにくい環境を作るとも考えられます。

電力自由化で総括原価方式は廃止

2016年の電力自由化後は、この総括原価方式は廃止され電力会社10社を含めて自由な料金設定を行うようになります。上述のように総括原価方式は、電気代の急騰を防ぐ役割も担っていたために、逆に電気代が上がる可能性もあるとも指摘されます。消費者である私たちは、電気の購入先を価格だけでなく電源構成や環境面も含めそれぞれの目で厳しく比較することで、消費者自信が望む電力市場の形を日々選択していくことが重要になってくると言えます。

おうちの電気料金・光熱費を見直す

各社多様な電気料金プランを用意していますが、料金体系だけでなく本当に安くなるのかをまずシミュレーションで確認できるサービスも併せて提供されています。以下は主要な電気事業者の電気代シミュレーションができるページをご案内しています。

エネチェンジ(対象地域:全国)
月間170万人が利用するエネチェンジは、お住いの郵便番号と現在の電気料金や世帯人数などを入力するだけで、「エネチェンジ限定キャンペーン」が適用されるお得で最適な電気料金プランをご案内してくれます。電気料金の比較から切り替えまでかんたんでわかりやすく申し込みができ、さらには電気の選び方や切り替え手続きに関する相談も無料でサポートしてくれるので安心してプランの変更が可能です。

エネチェンジ

ソフトバンクでんき(対象地域:全国)
「でんきがかわる。みらいがかわる」をテーマに自然エネルギーの普及を積極的に推進しているソフトバンクでんき。FITでんき(再生可能エネルギー)比率の高い電力を使用し、地球温暖化対策への取り組みとして、未来のために今選ぶべき新電力かもしれません。ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン、通信サービスをまとめたセット割は、かなりお得な料金プランです。まずは料金シュミレーションでご確認ください。

ソフトバンクでんき

事務所・工場の電気代を見直す

タイナビスイッチビズ(対象地域:全国)
高圧・特別高圧を受給している事業者による新電力への切り替えは、すでに50,000以上の施設等で行われています。利用者数100万人を超える新電力比較サイトタイナビスイッチビズ」では、全国から厳選された最大5社から完全無料で電気料金削減プランを取得し提案してくれるので手間なく最適な見積もりを受け取ることができます。

タイナビスイッチビズ

新電力一括.jp(対象地域:全国)
事業用では特定の負荷率の場合PPS側から契約を見送られることもあります。また800社近くの登録社数がある新電力の中から自社の施設へ電力販売が可能な会社を見つけるだけでも手間がかかります。ご案内する新電力一括.jpでは、電力の需要地において供給可能なPPSに絞って最大5社から無料で見積もりを取ることができます。

新電力一括.jp