水やミネラルウォーター、天然水に含まれるマグネシウム(Mg)

ミネラルウォーターや天然水にはミネラル成分としてマグネシウムが含まれています。

マグネシウムとは

4大ミネラルの一つのマグネシウムはミネラルウォーターや天然水に必ず含まれるミネラルで、カルシウムと共に水の硬度を算出のために使われるミネラル成分です。

マグネシウムは人体の中でで約50%が骨に含まれており、とくに蛋白質合成や糖代謝を司っているため人体に欠かすことができないミネラル成分です。

マグネシウムにはさまざまな効果効能がありますが、食塩や野菜、肉類、魚介類、海藻類などさまざまな食品に含まれているミネラルです。しかし調理や食品加工の過程で大半が失われてしまうため不足しがちなミネラルとなります。

ミネラルウォーターや天然水に含まれているマグネシウムの効果や効能

マグネシウムには血小板の凝固や血管収縮、硬化の抑制、血圧や血糖値を下げる効果、神経伝達物質生成の促進、便通(腸の運動活発化)や胃酸の制酸作用などさまざまな効能があります。

マグネシウムの効果 偏頭痛、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、糖尿病、ストレスなどによる自律神経の乱れ、中性脂肪、便秘などの抑制や予防に効果があります。
マグネシウムを多く含む食品 青のりなどの海藻類、干しエビやあさりなどの魚介類、大豆や納豆などの豆類
マグネシウム不足 不安感やイライラするなど精神面、足がつるなどの筋肉収縮、偏頭痛が起こりやすくなるなどの血管収縮などの症状、そのほか特に心疾患や糖尿病、うつ病など障害にも気をつけたいところです。マグネシウムは人体の中で約50%が骨に含まれておりマグネシウム不足が著しい場合、骨粗鬆症になるリスクもあります。
過剰摂取 腸に水分を集めすぎてしまうため下痢などの症状が現れることがある。

マグネシウムにはカルシウムの働きを助ける作用があり、マグネシウムとカルシウムのバランスは1:2の比率が良いとされています。

不足しがちなマグネシウムは人体に絶対に必要なミネラルですので、日々の健康のために食品やサプリメント、ミネラルウォーターなどを利用して摂取してください。

ウォーターサーバー比較表

厳選したウォーターサーバーについて、水の種類や特長だけでなく、こだわり条件(女性にやさしい、赤ちゃんでも安全、放射能検査済みなど)から絞り込んで比較ができるウォーターサーバー比較表をご用意しています。利用環境やニーズに合ったウォーターサーバー選びにお役立てください。

ウォーターサーバー比較表