健康や美容に効果的な水素水とは

本サイトでは、健康・美容・アンチエイジングなどに効果があると評判の水素水についてご案内しています。

水素水とは

水素水とは、水素分子を溶け込ませた水となります。この水素水が注目を浴びているのは、水素に老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあると近年わかってきたためです。水素水を生活に取り入れることで、生活習慣病の予防ダイエット肌のシミやシワへの対策美容効果など、多くの効果が期待されます。

そもそも活性酸素って

活性酸素を知ることは水素の効果を知る上で必須となります。活性酸素は、人が生きていく上で必要な酸素が体内で変化した化合物で、近年の研究では病気の原因の約90%が活性酸素の影響と言われています。活性酸素は、食生活の乱れ、ストレス、運動不足などにより発生し、正常な細胞を酸化させることでも知られています。そして水素水は、活性酸素に対する最も優れた抗酸化物質である水素を手軽に摂れることから人気が高まっています。

市販の水素水商品

商品により、価格、水素濃度、使い方など異なりますので、詳しくは各商品の一覧・比較ページでご確認ください。また、売れ筋人気ランキングも用意してますので商品選びにお役立てください。

水素水サーバー

サーバータイプ

水道水に電気分解によって水素を充填する水素水生成器です。購入費は高めですが、ひとたび購入すれば月々の費用はかからないので、自宅の飲用水全てを水素水に替えることができます。また、いくら使ってもいいので人の飲用水だけでなくペットや植物に与えたり、化粧水の代わりに使ったり、使い方のバリエーションが膨らみます。据え置きタイプと水道の蛇口に直接取り付ける水道直結タイプがあります。

価格帯 35,000円~500,000円 水素濃度 0.7~4.0ppm

ボトル・タンブラー

ボトル・タンブラータイプ

ボトルやタンブラーは手頃な大きさと重さで持ち運びに最適な水素水生成器です。水素水サーバーと比べると生成できる水素濃度は若干落ちますが、料金が安く、女性を中心に人気が高い商品となります。充電して利用することができるので、自宅だけでなくオフィスやドライブ、アウトドアなどのシーンでも活躍してくれます。

価格帯 9,000円~70,000円 水素濃度 0.4~2.0ppm

スティックタイプ

スティックタイプ

水素を発生させるスティックをペットボトルやコップなどに入れておくことで、マグネシウムとの化学反応から水素を溶け込ませる商品です。1本のスティックで約3カ月~6カ月ほど使用できるコストパフォーマンスの高さも魅力です。スティックタイプには、美肌成分であるシリカや美容成分となるミネラルを同時に配合した商品もあります。

価格帯 3,000円~30,000円 水素濃度 0.5~2.4ppm

アルミパウチ

アルミパウチタイプ

水素が抜けにくい構造のアルミパウチ容器に工場で水素水がボトリングされた商品です。最近はコンビニやスーパーでもアルミパウチ商品を見かけるようになりましたが、ネット購入ならさまざまな種類の水素水をお試し価格で飲み比べたり、定期購入をすることで1パック辺りの料金を割安でお得にしたりできます。

価格帯 500円~7,000円 水素濃度 1.0~1.6ppm

水素水生成キット

水素水生成キット

水素水生成キットは、付属の耐圧ボトルに水素発生剤と水を入れることで超高濃度水素水を作ることができるプロ仕様の商品です。高スペックな分、水素がしっかりと充填するまでは他の商品と比べ少し時間がかかります。また水だけでなく、スポーツドリンクやお茶なども水素飲料に変えることができるのが特長です。

価格帯 6,000円~7,000円 水素濃度 7.0ppm
  • 価格帯は初回購入などで使用できる料金の目安となります。詳しい料金については商品一覧ページでご確認ください。
  • 水素濃度の単位は「ppm」で表され、数値が大きいほど高濃度となります。
  • 水素は、厚生労働省が食品添加物として認可している人体に無害な物質です。過剰に摂取したとしても、摂りすぎた不要な水素は呼気を通して体外に排出されてしまいます。水素水は、副作用の心配がない安心安全な水となります。

注目を浴びたきっかけ

多くのメディアで水素水が取り上げられるようになり、芸能人やアスリートが毎日のようにブログやSNSで紹介する。このように注目を浴びることになったのは、2007年に水素水の第一人者である日本医科大学の太田成男教授が学術誌ネイチャー・メディシンで、論文「水素(H2)の生体への有効性」を発表したことあります。その後、多くの大学や医療機関などで研究が進み、また多くの商品が開発・販売されることで水素水は身近になりつつあります。

水素水は怪しい?インチキ?

水素水は怪しいなどネットで見かけることがありますが、これは水素医学が誤認されています。水素水に関しての解釈が曖昧だったり、水素水の効果は個人による体験が多かったり、学術論文はあるが科学的な立証がされていない病気や疾患があったり、水素が抜けてしまっている商品が販売されているなどが考えられます。

活性水素水と水素水は違う

水素水といった場合、水素分子を溶け込ませた水素水と水素イオンといった水素原子を含んだ水素水に分けられます。太田成男教授の論文やその後の研究で実証されている効果は水素分子を溶け込ませた水素水です。原子状の水素が含まれている活性水素水は、その効果や存在自体が科学的に不十分とされています。水素水が「ニセ科学」「疑似科学」などインチキ扱いされるのは、この2つの水素水が混同されていることが原因と考えられます。

ブームとなったアルカリイオン水とは違う

アルカリイオン水と水素水も混同されて扱われることがあります。アルカリイオン水は、電気分解で陰極側(マイナス)に集まった水酸化物イオンにより、pH(水素イオン濃度)がアルカリ性に傾けた水となります。一時期ブームになったのは、胃腸症状に効果があると言われていたからですが、その効果については明確に解明されていません。またアトピー性皮膚炎や糖尿病の治療目的にも取り扱われてましたが、効果については科学的に証明されていません。

飲むときに水素がなくなっている

水素は無味無臭で目に見えません。また抜けやすい逃げやすいという性質があり、放っておくと時間とともに水素は抜け普通の水に戻ってしまいます。在庫管理を行う店舗販売では、水素が抜けた古い商品を販売している可能性もあります。疑うことなく水素が含まれている水素水を飲むなら、水素生成器で作りたての水素水を飲むか、公式サイトなどで工場直送のアルミパウチ商品を購入することが重要です。

効果が実感しにくい

水素水は薬ではないので即効性はなく、数回飲んだだけで効果を実感するのは難しいです。比較的早めに感じられる効果としては、目覚めが良くなった、便秘が改善したなど聞かれますが、特別な疾患のない方は効果の早期実感は難しいです。活性酸素の発生量は年を重ねるごとに増えていきますので、継続して飲み続けることで、体調改善や健康維持、美容・美肌効果などが期待できるのです。