家庭で使える水素水サーバー

ここでは、家庭で利用することができる水素水サーバーについてご案内しています。

水素水サーバーとは

水素水サーバーとは、電気分解により水の中に水素を発生させ溶かし込み、水素水を作るための機器です。一昔前はジムなどに備え付けてあるくらいでしたが、健康やアンチエイジングを目的として家庭用に水素水サーバーを購入する人が増えており、市場の拡大に合わせ数多くの商品が販売されています。多くの水素水サーバーは、水素水を生成する機能に加え浄水機能を兼ね備えており、水道水をそのまま利用することができるのも魅力です。

ひとたび水素水サーバーを手にすると、水道水を原水として水素水が使い放題になり、飲用だけではなく、野菜を洗浄するのに使ったり、洗顔に使ったり、化粧水の代わりに使ったり、使い方のバリエーションが膨らみます。

人気の水素水サーバー

GAURA mini

注目 GAURA mini
スタイリッシュなデザインが魅力のガウラミニは、浄水機能を搭載した卓上型の水素水サーバーです。飲むたびに注ぎ口付近で水素が注入されるので、ボタンを押せば即時に新鮮で白濁した水素水が供給されます。購入だけでなくレンタルで利用することもできるので、水素水サーバーの購入費用は高いという方にもおすすめです。

価格 159,840円 水素濃度 1.0ppm
  • 通常価格213,840円のところ、今なら「発売記念価格」で購入することができます。
  • レンタルで利用する場合は、月々5,379円(税込)となります。

家庭用の水素水サーバーを比較する

家庭用の水素水サーバーの料金や性能などを比較しています。また商品の特長を記載していますので、商品選びの参考にしてください。

商品 価格 水素濃度
(生成時間)
特長 詳細
おすすめ
GAURAmini(ガウラミニ)
GAURAmini
159,840
(税抜148,000円)
1.0 ppm(即時) ・浄水フィルターを内蔵
・注水口手前で水素を注入するため、新鮮な水素水を即時供給
・自動洗浄機能付きなので安心の衛生面
・水道水利用可
・レンタル利用可
・容量4.0ℓ
おすすめ
ルルド
ルルド
159,840
(税抜148,000円)
1.2 ppm(30分) ・1.0ppmの水素水が12時間持続
・殺菌力と脱臭効果のあるオゾン水も生成
・容量1.8ℓ
ハイブリッドアルファー
ハイブリッド
アルファー
486,000 4.0~2.2 ppm
(即時)
・水素濃度3.0ppmを5時間キープ
・浄水機能と冷却機能付き
・1時間ごとに自動生成
・水道水利用可
・容量2.0ℓ
アキュエラブルー
アキュエラブルー
306,720 1.0 ppm(40秒)
1.6 ppm(5分)
・消耗品なし(フィルター交換不要)
・独自の特許技術で過飽和水素水を生成
・水素水生成時間たったの5分
・容量0.8ℓ
オーロラプラス
オーロラプラス
159,840 0.715 ppm(11分)
0.812 ppm(33分)
・わずか7分で水素水を生成
・使用するたびに自動で洗浄
・水道水利用可
・容量1.4ℓ
SOMA
SOMA
98,000 0.3 ppm(7分)
0.522 ppm(14分)
0.748 ppm(21分)
・クリーニングスイッチ操作で手入れが簡単
・自動でストップ機能が働く安全設計
・水道水利用可
・容量1.4ℓ
マジックポット
マジックポット
37,800
(税抜35,000円)
0.732 ppm(5分) ・わずか3分で水素水を生成
・自動でストップ機能が働く安全設計
・容量0.5ℓ

従来の水素水サーバーは、水素を水に溶け込ませることで水素水を生成しますが、以下は、水素が気体の状態で水に混ざり細かい気泡となった水素そのものを飲むというものです。水素の細かい気泡が見えるほどの水素水は、水素ガス濃度20,000ppm以上となります。

商品 価格 水素ガス濃度 特長 詳細
マリアージュ
マリアージュ
216,000 28,000ppm ・浄水機能搭載(活性炭フィルター)
・自動クリーニング機能付き
(30ℓ使用ごとに電極を自動洗浄)
・水道水利用可
・容量4.0ℓ
ハイブリッドH2サーバー
ハイブリッドH2サーバー
WP-400
429,840 20,000ppm ・浄水機能搭載(活性炭フィルター)
・自動洗浄機能付き
(60ℓ使用ごとに電極を自動洗浄)
・水道水利用可(水道直結も可能)
・容量4.0ℓ
  • 上記は、税込価格となります。
  • 公式サイトに記載のない情報など個別に確認している場合があります。
商品 価格 水素濃度
(生成時間)
特長
GAURAmini(ガウラミニ)
GAURAmini
159,840円
(税抜148,000円)
1.0 ppm(即時)
・浄水フィルターを内蔵
・注水口手前で水素を注入するため、新鮮な水素水を即時供給
・自動洗浄機能付きなので衛生面は安心
・水道水利用可
・レンタル利用可
・容量4.0ℓ
ルルド
ルルド
159,840円
(税抜148,000円)
1.2 ppm(30分)
・1.0ppmの水素水を12時間持続
・殺菌力と脱臭効果のあるオゾン水も生成
・容量1.8ℓ
ハイブリッドアルファー
ハイブリッド
アルファー
486,000円 4.0~2.2 ppm(即時)
・水素濃度3.0ppmを5時間キープ
・浄水機能と冷却機能付き
・1時間ごとに自動生成
・水道水利用可
・容量2.0ℓ
アキュエラブルー
アキュエラブルー
306,720円 1.0 ppm(40秒)
1.6 ppm(5分)
・消耗品なし(フィルター交換不要)
・独自の特許技術で過飽和水素水を生成
・水素水生成時間たったの5分
・容量0.8ℓ
オーロラプラス
オーロラプラス
159,840円 0.715 ppm(11分)
0.812 ppm(33分)
・わずか7分で水素水を生成
・使用するたびに自動で洗浄
・水道水利用可
・容量1.4ℓ
SOMA
SOMA
98,000円 0.3 ppm(7分)
0.522 ppm(14分)
0.748 ppm(21分)
・クリーニングスイッチ操作で手入れが簡単
・自動でストップ機能が働く安全設計
・水道水利用可
・容量1.4ℓ
マジックポット
マジックポット
37,800円
(税抜35,000円)
0.732 ppm(5分)
・わずか3分で水素水を生成
・自動でストップ機能が働く安全設計
・容量0.5ℓ
  • 上記は、税込価格となります。
  • 公式サイトに記載のない情報など個別に確認している場合があります。

従来の水素水サーバーは、水素を水に溶け込ませることで水素水を生成しますが、以下は、水素が気体の状態で水に混ざり細かい気泡となった水素そのものを飲むというものです。水素の細かい気泡が見えるほどの水素水は、水素ガス濃度20,000ppm以上となります。

商品 価格 水素ガス濃度
機能・性能
マリアージュ
マリアージュ
216,000円 28,000ppm
・浄水機能搭載(活性炭フィルター)
・自動クリーニング機能付き
(30ℓ使用ごとに電極を自動洗浄)
・水道水利用可
・容量4.0ℓ
ハイブリッドH2サーバー
ハイブリッドH2サーバー
WP-400
429,840円 20,000ppm
・浄水機能搭載(活性炭フィルター)
・自動洗浄機能付き
(60ℓ使用ごとに電極を自動洗浄)
・水道水利用可(水道直結も可能)
・容量4.0ℓ
  • 電気分解による生成方法の水素水生成器(サーバー)13種類を3年間使用した場合の月換算額で比較しています。

失敗しないためのポイント

水素水サーバーの購入は、決して安い買い物ではないだけに失敗したくありません。当然ながら価格が最も重要ではありますが、性能や機能も考慮して、コストパフォーマンスの高い商品を選ぶことをおすすめします。

水素濃度の生成能力

水素濃度は高いほど良いと思いがちですが、身体が効果を得られる水素量には上限があります。水素濃度と効果の関係を調べた実験では、0.4ppm以下の水素を摂取した場合には効果に差が出たが、0.4ppm以上を摂取した場合には効果にほとんど差が見られなかったという調査結果があります。また別の研究では、水素水を飲んだ場合、約40%の水素は身体に吸収されたが残り60%は吸収せず体外に排出されてしまったという報告があります。

まとめると、水素の効果を最大限に得ることができる0.4ppmの水素を摂取するためには、水素濃度の生成能力は1.0ppm以上あれば良く、同じ効果が得られることになります。

水素の注入方法と溶存量

水素にはごく短時間で抜けてしまうという性質があります。そのため、実際に飲むときには水素が抜けた普通の水に戻ってしまっていることもあります。水素の注入方法は水素水サーバーによって異なり、注水するたびに水素を溶かし込むものがあれば、タンク内の水に一定周期で自動的に水素を溶かし込んでいるものもあります。

前者は常に水素水サーバーの生成能力の上限に近い水素水を注水することができますが、後者の場合は溶かし込む周期のタイミングによっては飲むときの水素溶存量が減ってしまっている可能性もあります。また独自の技術により、高濃度の状態を数時間に渡りキープする水素水サーバーもあります。

水道水の利用可否と浄水機能の有無

据え置きタイプの水素水サーバーはタンクに水を入れて利用しますが、溜めた水には時間とともに菌が繁殖します。特に夏場は湿気が高くなり菌が繁殖しやすく、タンク内が不衛生になったり水が腐ったりすることもあります。そのため水素水サーバーで利用する水は、塩素処理(塩素による殺菌処理)がされている水道水が最適です。水道水を利用しても浄水機能が付いていれば注水時に残留塩素の除去ができ、常に清潔でおいしい水素水を飲むことができます。

また水道水を利用することができれば、別途で浄水するための浄水器を購入したり、ミネラルウォーターをスーパーやコンビニで購入する費用と手間がなくなります。

水素水の生成にかかる時間

水素水を作るのに、10分も20分もかかってしまっては水を飲みたいと思ったときに飲むことができません。また喉が渇く前にあらかじめ水素水ボタンを押しておくというのも現実的ではありません。いつでも好きなときに水素水を飲むためには、即時で水素水を生成してくれる水素水サーバーもしくは、水素水を作ると長時間に渡って高濃度状態を維持してくれる水素水サーバーを選ぶことをおすすめします。

口コミ・評判募集中

本サイトは「消費者目線の情報発信」を目標にしており、水素水商品の口コミ・評判などを募集しています。購入もしくは利用されたことのある商品名と感想をお送りください。お送りいただいた感想や評判は内容を確認の上、口コミ情報として本サイトで掲載させていただく場合があります。ぜひ口コミ提供にご協力をお願いいたします。

送信先:water@net-reach.jp(メールする

  • ご質問・意見等、お送りいただいた内容に返信はできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 掲載の際は、多少表現を修正させていただくこともありますのでご了承ください。
  • 一言でも構いません。商品名と感想をお送りいただけると幸いです。