水素水の飲み方・飲むタイミング・適量

ここでは、水素水の効果を最大限に得るための飲み方や飲むタイミング、飲む量などについてご案内しています。

出来たての水素水を活性酸素が発生するときに

水素水を飲んでいるから多くの効能を得ていると思っていたら、実は水素が含まれない普通の水を飲んでいたということがあります。水素水の効果を得るには、飲むコツとタイミングがありますので正しい飲み方をぜひ知ってください。

空気に触れると短時間で抜ける

逃げやすいという性質を持つ水素は、空気に触れているとごく短時間で抜けてしまいます。無色で無味無臭の水素は、視覚的味覚的に溶存を確認するは難しいです。そのため水素水は生成後早めに飲む必要があります。

商品タイプ 飲み方
水素水生成器 水素水サーバーボトルスティックなどを使ってご自身で水素水を生成する場合は、作りたてを飲むように心がけてください。生成後にラップをかけて保存したり、冷蔵庫に入れたりしても水素は抜けていきます。水素水は、飲む都度で生成することをおすすめします。
アルミパウチ 水素が抜けにくい構造のアルミパウチですが、水素はアルミパウチの隙間すら徐々に抜けていきます。賞味期限は水素が溶存している期間の目安となります。また開封後は急速に抜けていきますので、早めに飲むようにしてください。アルミパウチを購入する際は、飲みきりサイズ(または家族で1回でシェアできるサイズ)を購入することをおすすめします。

活性酸素が発生しやすいタイミングで

水素に期待されるのは、体内で発生した悪玉活性酸素を除去してくれることです。活性酸素が発生していない状態で水素水を飲んでも効果はなく、使われなかった水素は呼気を通して体外に排出されます。飲むなら、活性酸素が発生するタイミングが効果的となります。

  • 起床後:体内の水分が減少、心筋梗塞・脳卒中予防
  • 就寝前:寝ている間に細胞修復
  • 食事前:食事の消化を助ける
  • 運動前:代謝向上、ダイエット効果とパフォーマンス向上
  • 運動後:乳酸が溜まりづらく疲労回復効果
  • 飲酒後:二日酔い予防

一番おすすめのタイミングは起床後です。起床時は血流が悪く、心筋梗塞や脳卒中が起きやすいとされています。また一日の中で最も体内の水分が減っている状態でもあり、飲むと浸透しやすく効果的です。その他では、食前、運動前、運動後、睡眠前、飲酒後などもおすすめとなります。

一日に飲む最適な量

水素研究の第一人者である日本医科大学の太田成男教授の著書「水素水とサビない身体」では、年齢やその時の状況により体内の活性酸素の量は異なり一概に言えないが経験上、1日300ml~500ml程度が良いとされています。また、これまで水素水の効果を証明してきた臨床試験では、患者に600ml~1,000mlと多めの水素水を飲んでもらったとも書かれています。

適量は、一日300ml~500ml程度

特に大きな疾患がなければ、一日約300ml~500ml程度を摂取し活性酸素を抑制すれば効果は期待できそうです。また太田教授は飲み方について、毎日10mlずつちびちび飲むより、週に2~3日でも水素水を飲む日を決め500mlほどを飲んだ方が効果は出やすいとされています。

  • 上記以上に摂取しても、摂りすぎた不要な水素は呼気を通して体外に排出されますので問題はありません。

避けるべき飲み方

温めると水素は抜けていく

水の中に溶存できる水素量は化学的に水温に依存します。水温20度における水素溶存量を100%とした場合、40度で約80%、60度で約40%、80度ではほぼ0となってしまいます。温めたときにはその過程で水素が抜けてしまいますので、常温もしくは冷やして飲む必要があります。

ご自身にあった飲み方ができる商品選びを

水素水関連の商品は多くあります。自宅で飲むのか外出先でも必要なのかなど生活スタイルに合わせ、日常的に継続できる飲み方ができる商品をお探しください。

市販商品のご案内

  • 水素水サーバー
  • ボトル・タンブラー
  • 水素水生成キット
  • スティックタイプ
  • アルミパウチ
  • ウォーターサーバー