水素水生成器・整水器

ここでは、手軽に水素水を作ることができる水素水生成器や整水器やその比較についてご案内しています。

水素水生成器とは

水素水生成器とは、水道水やミネラルウォーターを水素水に変えるための機器です。一般的には水素水サーバー(電解水素水生成器)のことを指すことが多いですが、ボトルタイプスティックタイプなど現在では多くの商品が販売されており、特長や活躍するシーンはそれぞれ異なります。水素水生成器が身近にあるといつでも安定した水素水を飲んだり利用したりすることができ、その効果を日常的に得ることができます。

電解水素水生成器

これは、水素水生成器のイメージです

電気分解をすることで水素分子を発生させ、水に溶かしこむことができる機器が電解水素水生成器です。サーバータイプ(据え置き型、水道直結型、ウォーターサーバー)やボトル、タンブラーなどがこれにあたり、水素分子を多く含む身体にやさしい弱アルカリ性の電解水素水が生成できます。サーバータイプなら、さらに水道水に含まれる残留塩素などの有害物質を浄化する浄水機能を持ち合わせているものが多く、水道水がそのまま使えるのも特長です。基本的な機能に大きな違いはありませんが、使い勝手、生成できる水素水の濃度、浄水できる物質の種類などは機器で差があります。

  • 同様の機器の呼称として、水素水浄水器、還元水素水浄水器、電解還元水整水器、電解水素水整水器、還元水素水生成器、水素水生成機などありますが、基本的な機能に大きな違いはなく全てほぼ同じです。
  • 画像の水素水サーバーは、ガウラミニです。

価格や利用シーンなどを比較

水素水生成器の種類ごとに価格、特長や利用シーンなどは違います。それぞれのタイプの商品一覧などは、詳細ページでご確認ください。

生成器の種類 価格帯 評価 詳細
濃度 時間 手間 自宅 家族 携帯
水素水サーバー 35,000円~500,000円 ×
ボトル・タンブラー 9,000円~70,000円
水道直結型 100,000円~300,000円 ×
ウォーターサーバー 200,000円~300,000円 ×
スティックタイプ 3,000円~30,000円
水素水生成キット 6,000円~7,000円 ×
  • 濃度=水素水生成器で作ることができる水素水の濃度が高いかどうかの基準です。
  • 時間=生成を始めてから水素水ができるまでの時間が早いかどうかの基準です。
  • 手間=ボタンひとつで水素水が作れるのかなにかしらの手間や作業があるのかの基準です。
  • 自宅=自宅での利用に最適かどうかの基準です。
  • 家族=家族での利用に最適かどうかの基準です。
  • 携帯=持ち運びに最適か外出先での使い勝手が良いのかどうかの基準です。
  • 上記は独自に調査および評価したものとなり見解には個人差がありますので、目安としてご活用ください。
  • 価格帯は、本サイトでご案内している商品の価格となります。市場にはさらに安い商品や高い商品がありますのであらかじめご了承ください。

人気の水素水生成器

主な人気急上昇中の製品には、水素水サーバーである「ガウラミニ」や「ルルド」、携帯用ならボトルタイプの「ポケット」や、タンブラーの「Bambi(バンビ)」などがありますのでチェックしてみてください。

どのように水素水は生成されるのか

利用する水素水生成器により作り方は異なり、電気分解による生成、マグネシウムと水の化学反応による生成、水素ガスを充填する方法の3種類があります。

電気分解

水に電圧をかけ電気分解によって水素を発生させ水素水を作る方法です。電気分解によって作られた水素水は、含まれている水素の粒子が小さく、体内の活性酸素などの酸化物質を引き寄せやすい特長があります。純粋な水素水が生成でき飲用に最も適しています。

化学反応

マグネシウムと水の化学反応で水素水を生成する方法はスティックタイプの商品が該当します。マグネシウムスティックを水と一緒にペットボトルに入れておくだけで水素水を作ることができます。スティックは繰り返し使用できるので、コストを抑えつつ水素水の効果を試すことができます。

水素ガスを充填

専用の水素水生成キットを使い、水素ガスを直接水に溶かしこみ水素水を生成する方法です。専用ボトルに水と水素発生剤を入れて水素ガスを溶け込ませます。生成キットによる水素水は飽和濃度を超え、超高濃度水素水を作ることができます。

電解水素水生成器を使うメリット

整水器には、電解水素水の生成と単にろ過しただけの浄水を出すことができるものがあり、用途によって使い分けられるメリットがあります。飲用・料理などに適した電解水素水(還元水)の効果はさることながら、電解酸性水は洗顔・掃除、麺類を茹でる際にも活躍します。さらに電解しない浄水は、赤ちゃんのミルク作りや薬を飲む際など、よりデリケートな用途に適しています。

電解水素水は、原水と比べてミネラル分が15~20%増える(逆に電解酸素水からはミネラル分が減ります)と言われておりメリットとなります。またアルミパウチなどの水素水とは違い、原水が水道水でランニングコストが低いこともメリットとなります。サーバータイプのものは浄水機能を兼ねる場合が多く、浄水器を別途に購入しなくて良いのも魅力です。

最近は健康や美容、アンチエイジングのために水素水を取り入れる人が増えていますが、水素水生成器は決して安い買い物ではありません。コストパフォーマンスや使い勝手を考慮し性能も比較の上、利用することをおすすめします。