水の基礎知識

人間の体のほとんどは水分で構成されています。年齢や性別によってその差はありますが、胎児では体重の約90%、新生児で約75%、子供では70%、成人では約60~65%、老人では50%~55%を水分が占めていると言われています。

体重の約2%の水分が失われると、口やのどの渇きを感じ、食欲がなくなったりしてきます。約6%失われると、頭痛や眠気に襲われたり、精神的に不安定になったりします。約10%失われると、循環器系や腎臓がうまく機能しなくなり、筋肉の痙攣や意識が混濁したりと意識不明の危機にもなりかねません。約20%以上が失われると、死に至る危険があります。

水は体内に取り込みながら常に代謝を繰り返し、水を体外へ排出したりと生命を維持し健康に過ごすためには欠かすことのできない大切な存在なのです。

男女の水分量の違い

体の水分は性別でも違いがあります。筋肉と脂肪の水分量に差があるためで、筋肉に比べて脂肪のほうが水分量が少なく、生きるために必要な脂肪が男性よりも女性の方が体に多くついていることから、女性の方が男性に比べ体内の水分量が少なくなります。

体の組織に含まれる水の割合は、血液で約90%、脳で約80%、皮膚や筋肉で約70~80%が水分なのに対し、脂肪は約10~30%と低くなっています。

水分の役割

体内の水分は、細胞内液と細胞外液に分けられ、細胞内に存在する細胞内液は体内の水分の約3分の2を占め、残りの3分の1である細胞外液は、血液として体内をめぐり、栄養を運び、老廃物を排泄するという大きな役割があります。人間の体にとって重要な水分を的確に補充し循環することが、健康な体づくりに必要となります。

血液で運搬

食物を消化・吸収して得た栄養素、酸素やホルモンを血液で体の隅々まで運び、身体の中で生じる老廃物を血液を通して腎臓に運ばれ、尿となって体外へ排泄しています。

体温調節

水は蒸発するときに熱を奪うという性質を持っています。その性質を利用し、汗をかくことで体温調節を行っています。

ウォーターサーバー比較表

厳選したウォーターサーバーについて、水の種類や特長だけでなく、こだわり条件(女性にやさしい、赤ちゃんでも安全、放射能検査済みなど)から絞り込んで比較ができるウォーターサーバー比較表をご用意しています。利用環境やニーズに合ったウォーターサーバー選びにお役立てください。

ウォーターサーバー比較表